NEW

JRA川田将雅「動けなかった」ダノンスマッシュ敗戦に分かれた師弟の見解!? 理想的なレースで伸びを欠く誤算、これまでと決定的に違ったのは

JRA川田将雅「動けなかった」ダノンスマッシュ敗戦に分かれた師弟の見解!? 理想的なレースで伸びを欠いた敗戦、これまでと決定的に違ったのはの画像1

 3日、中山競馬場で開催されたスプリンターズS(G1)は、福永祐一騎手の3番人気ピクシーナイトが優勝。父モーリスに産駒の初G1タイトルをプレゼントし、2007年のアストンマーチャン以来、14年ぶりとなる3歳馬の勝利を飾った。

 稍重馬場で始まった日曜中山だったが、好天に恵まれたこともあり、午後には良馬場へと回復。芝コースは、NO.1スプリンターを決める電撃の6ハロン戦に相応しい絶好の状態で行われた。

 高松宮記念覇者であるダノンスマッシュが1番人気、同レースで2着に敗れたレシアステンシアが2番人気と、下馬評は春の再戦ムード。秋に急成長を見せた勝ち馬に屈したものの、レシステンシアが2着を確保したのに対し、ダノンスマッシュは6着と精彩を欠いた。

 7枠14番からスタートしたダノンスマッシュは、外目の5番手からの追走。内から先行した馬が上位を占めたレースだったとはいえ、好位に取りついたこともあり、ポジションとしてはそれほど悪くなかったはずだ。

 にもかかわらず、いつもなら楽な手応えで上がれる勝負どころの4コーナー入り口では、川田騎手の手が早くも動いて追走に手間取るシーンもあった。

JRA川田将雅「動けなかった」ダノンスマッシュ敗戦に分かれた師弟の見解!? 理想的なレースで伸びを欠いた敗戦、これまでと決定的に違ったのはの画像2

「とても良い雰囲気で競馬に向かえ、レースも理想的に進められました。動かないといけないところで、動くことができませんでした。この結果を反省して次に繋げていきたいです」

 レース後に、そう振り返ったように、川田騎手は馬よりも自身に敗因を求めるコメントを残したが、この日のダノンスマッシュに高松宮記念のような覇気を感じられなかったことも事実である。

 勿論、内のグリーンベルトをロスなく走れた上位陣に馬場が味方したことは確かだが、メイケイエールにも追い比べで後れを取っての6着。自身よりさらに後方から外を回していた相手に交わされたとなると、これだけが敗因とは言い切れないだろう。

「間隔が空いた方が好走する傾向にあるダノンスマッシュですが、もしかしたら長過ぎたのかもしれません。これまでは2ヶ月から3ヶ月程度でしたが、今回はデビュー以来、最長となる約5ヶ月。実際の因果関係はわかりませんが、サラブレッドは繊細な生き物だけに、無関係とも言い切れません」(競馬記者)

 また、同馬を管理し、川田騎手の師にあたる安田隆師が「レース間隔が長く空いた分としか考えられません」というコメントをしていることも気になるところだ。この敗戦を受けて、予定していた香港スプリント(G1)への参戦は白紙となったダノンスマッシュ。再びスプリント王に返り咲くためにも、次走での凡走は許されない。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA川田将雅「動けなかった」ダノンスマッシュ敗戦に分かれた師弟の見解!? 理想的なレースで伸びを欠く誤算、これまでと決定的に違ったのはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?