NEW

パチスロ「衝撃チェリー」などを採用…6号機屈指の豪快スペック誕生!!

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「衝撃チェリー」などを採用…6号機屈指の豪快スペック誕生!!の画像1

 通常時128Gor256G消化などで訪れるCZ「運命分岐モード」やビッグ中のビタ押しが完璧ならば、設定1でも機械割は「102%」に到達する。

 目押し上級者たちは新世代難易度選択システム第2弾と銘打つオーイズミの『パチスロかまいたちの夜』に熱視線を送っていることだろうが、沖スロ好きにとっては、こちらのマシンからも目が離せないのではなかろうか。

 同社はこのほど、最新パチスロ『来雷エイサー30』のプロモーションムービーを公式YouTubeチャンネルで公開。そのビジュアルとゲーム性の概要を明らかにした。

 このタイトルを聞くと、思い浮かぶのが5号機時代の2016年に登場した同社初の沖スロ『乱雷エイサー30』である。

 当機はビッグとREG、2種類のボーナスを搭載しており、それぞれ約300枚、約108枚の獲得が可能。ボーナスは各種小役を同時成立する可能性があり、出現率約90分の1のチェリー成立時は約25%でボーナスと重複する。

 翌年の2017年には『乱雷エイサーver.100』がデビュー。基本的な仕様は先代と同様で、こちらは「ver.100」が示す通り、設定1の機械割が「100%」なのも大きな特徴のひとつだ。

 それ以来の沖スロとなる『来雷エイサー30』は、やはり混じりっけなしの純正Aタイプとのこと。ボーナス合算出現利率は設定1:191.3分の1~設定6:145分の1で、ビッグは約259枚、REGは約129枚の獲得が見込める。BR比率は約6対4のようだ。

 また、全く新しい期待感を持つ「設定シーサー」、最強インパクトの「F.O.S(フェイスオブシーサー)」、ビッグ1G連フリーズ、激震チェリーなども採用している模様。激震チェリーについては、先代と同じくボーナス当選のカギを握ると思われる。

 とにもかくにも、6号機屈指の豪快スペック、これぞ沖スロといった仕上がりだそうだ。

 現時点での情報は以上だが、先代には通常時のベル出現率やビッグ中のスイカ出現率、ボーナス終了後におけるシーサー役物の色変化割合などに設定差が設けられていた。当機にもこういった攻略ポイントは用意されているのか。導入日を含めて新たな情報が入り次第、当サイトでもお届けする所存である。

【注目記事】

「7,000枚」突破6.2号機の攻略ポイント!特定小役や各種画面に要注目!!

新台「甘デジ屈指の連チャン性能」など好評価…「最大10500発」の役物パチンコには意外な反応!?

パチンコ「10万発」の超出玉も炸裂…鉄板タイトルが登場した激アツ新台入替を振り返る

パチスロ「衝撃チェリー」などを採用…6号機屈指の豪快スペック誕生!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合