NEW

JRAジャンダルム陣営が犯した「致命的」ミス!? 福永祐一と同時にチャンスもスルリ……、スプリンターズS(G1)惨敗は三冠トレーナーの迷走が決定打?

JRAジャンダルム陣営が犯した「致命的」ミス!? 福永祐一と同時にチャンスもスルリ……、スプリンターズS(G1)惨敗は三冠トレーナーの迷走が決定打?の画像1

 3歳馬ピクシーナイトと福永祐一騎手のコンビが勝利を挙げた今年のスプリンターズS(G1)。2枠4番の絶好枠を味方に、まだまだ馬場状態のいいインから抜け出しての2馬身差は、圧勝といっていいだろう。

 5月に行われたNHKマイルC(G1)を12着と大敗を喫したが、スプリント路線に切り替えたCBC賞(G3)、セントウルS(G2)で連続して2着と好走。ついにG1タイトルを手にするまでに成長を見せた。

 この勝利には、主戦を任されている福永騎手に距離短縮を打診されたピクシーナイト陣営が、アドバイスを受け入れてスプリンターズSを目標に仕上げたことが、好結果に結びついたといえる。

 アドバイスを生かしたピクシーナイト陣営に対し、逆に悪い方に転んでしまったがジャンダルム(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 実は、この馬にもスプリンターズSで福永騎手が、コンビを組む可能性があったからである。初騎乗だった北九州記念(G3)では、出遅れが応えて1番人気を裏切る7着に敗れたものの、福永騎手は相当な感触を掴んでいたという。

「ジャンダルムには『G1を勝てるポテンシャルがある。ゲート練習すればスタートも問題ないし、本番で1発もある』と陣営に伝えていたみたいです。その段階では、ピクシーナイトのスプリンターズS参戦も確定しておらず、本人もやる気十分だったようです」(競馬記者)

 しかし、ジャンダルムの陣営は賞金的に余裕があるにもかかわらず、セントウルS出走を選択。それもピクシーナイトに騎乗する福永騎手が乗れないため、浜中俊騎手にスイッチしてまで出走したが、またしても出遅れただけの結果となってしまった。

JRAジャンダルム陣営が犯した「致命的」ミス!? 福永祐一と同時にチャンスもスルリ……、スプリンターズS(G1)惨敗は三冠トレーナーの迷走が決定打?の画像2

「五分のスタートが切れていれば、勝っていた。G1を勝てる能力のある馬です」

 騎乗した浜中騎手も本番での勝ち負けを意識するコメントを出したことで、これには競馬ファンのみならず、現場の穴っぽい記者からも評価が急上昇。実際、スプリンターズSで4番人気になるほど盛り上がっていた。

「調教師の焦りもあったんでしょう。中2週続きのローテに加えて、中間はゲートに縛るなどの荒治療。気性的にムラのある馬には、精神的にも辛いメニューの上に、ずっと着けていたブリンカーを外すなどの対策も取っていました。

ただ、これだけ詰め込んだり、変化を施すと大抵は裏目に出るものです。ましてや大舞台で全てが好転するなんて事は過去にもあまりないはずです。結果的にも効果があったのかどうか……」(同)

 ジャンダルムを管理する池江師は、三冠馬オルフェーヴルを育てた実績もあるとはいえ、今が正念場といえそうな現状だ。

 一昨年あたりから若手調教師の台頭もあって、大舞台での活躍は激減している。今年に至っては重賞未勝利と、かつての勢いはなくなりつつある。このまま不振が続けば、2006年から続いている重賞勝利が途切れる可能性も十分だろう。

 今年も残りわずかだけに、重賞を勝つ可能性があるとすればトゥデイイズザデイを筆頭に2歳馬たちかもしれないが、かなり厳しい状況にあるのは確か。

 勿論、このことは本人も自覚していると考えられ、重賞勝ちする絶好のチャンスに思われたジャンダルムのレース選択や調整の“迷走”などに、影響がまったくなかったとは言い切れない。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAジャンダルム陣営が犯した「致命的」ミス!? 福永祐一と同時にチャンスもスルリ……、スプリンターズS(G1)惨敗は三冠トレーナーの迷走が決定打?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?