NEW

JRA戸崎圭太「悔しい情けない」発言から4カ月、ダノンキングリー川田将雅「これが本来の姿」に調教師も絶賛…… 毎日王冠(G2)でシュネルマイスターと再び激突

【この記事のキーワード】, , ,
JRA戸崎圭太「悔しい情けない」発言から4カ月、ダノンキングリー川田将雅「これが本来の姿」に調教師も絶賛……  毎日王冠(G2)でシュネルマイスターと再び激突の画像1
ダノンキングリー 撮影:Ruriko.I

 6月に東京競馬場で行われた安田記念(G1)を制し、陣営が喉から手が出るほど欲しかったG1タイトルを初めて手に入れたダノンキングリー(牡5、美浦・萩原清厩舎)。「王にふさわしい」という馬名の由来通り、春のマイル王に君臨したのは4カ月前のことだった。

 デビューから無傷の3連勝で共同通信杯(G3)を勝利。世代トップクラスの評価を受けながら、クラシック戦線では皐月賞(G1)3着、日本ダービー(G1)2着と敗れ、あと一歩のところで勝利に手が届かなかった。

 その後も飛躍を期待されたものの、毎日王冠や中山記念などのG2は勝利しながら、G1は惜敗続き。昨秋は安田記念で7着、秋の天皇賞(G1)では12着と崩れる。約8ヵ月の休み明けとなった今年の安田記念で、8番人気の評価だったのも無理はない。

 だが、デビュー以来最低人気で挑んだレースで、ダノンキングリーはかつてと見違えるような力強い走りを披露した。単勝1.5倍の圧倒的1番人気に支持されたマイル女王・グランアレグリアを破る大金星の勝利を挙げたのだから、これをフロックと呼ぶのはさすがに失礼だろう。

JRA戸崎圭太「悔しい情けない」発言から4カ月、ダノンキングリー川田将雅「これが本来の姿」に調教師も絶賛……  毎日王冠(G2)でシュネルマイスターと再び激突の画像2

 そして、この快挙は川田将雅騎手の完璧なエスコートがもたらしたものだ。

 レース後、川田騎手は「元々能力の高い馬、こういうメンバー相手でも勝ち切れる能力の高さがこの馬本来の姿だと思います」とコメント。ダノンキングリーを管理する萩原師も「勝因はジョッキーの好騎乗」と評したように、賛辞を惜しまなかった。

 ただ、そんなダノンキングリー陣営に対し、複雑な胸中を明かしていたのが、同馬の元主戦騎手だった戸崎圭太騎手だ。

 自身の落馬負傷もあって、中間で横山典弘騎手が手綱を取ることもあったが、現場に復帰してからはコンビも復活。デビューから辛苦を共にしてきたパートナーが、初騎乗の相手にいきなりG1を勝たれたのだから、そのショックは計り知れない。

「正直、悔しいですし情けないのが本音ですね……。ダノンキングリーについてはG1を勝てたことは良かったと思いますし、理想は自分が乗って勝てれば良かったけど、なにか今後、そういう馬と巡り会えたらいいなと思いますし、その際に力を引き出せる騎手でありたいです」

 とは、『競馬ラボ』で連載しているコラム『週刊!戸崎圭太』内で語った当時の心境の一部を抜粋したものである。

JRA戸崎圭太「悔しい情けない」発言から4カ月、ダノンキングリー川田将雅「これが本来の姿」に調教師も絶賛…… 毎日王冠(G2)でシュネルマイスターと再び激突のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】