NEW

【JRA観戦記】13万人が詰めかけた唯一無二の競演。サイレンススズカ、グラスワンダー、エルコンドルパサーの歴史に残る戦い。1998年毎日王冠

【JRA観戦記】13万人が詰めかけた唯一無二の競演。サイレンススズカ、グラスワンダー、エルコンドルパサーの歴史に残る戦い。1998年毎日王冠の画像1

 競馬に限らず、どんなスポーツにも歴史に残る一戦がある。プロ野球なら勝利したチームがセリーグ優勝という、1994年10月8日の巨人VS中日戦。またサッカー日本代表が、初めてワールドカップ出場を決めた1997年11月16日のジョホールバルの歓喜も有名だ。

 そして競馬にも多くのG1レースが歴史に残る一戦と言えるが、1998年の毎日王冠(G2)こそ唯一無二の歴史に残る一戦といえよう。

 この年の毎日王冠は出走馬が9頭と多くなかった。それはある3頭の存在があまりに大きく、他の有力馬が回避したのが主な理由だった。前走まで5連勝で宝塚記念(G1)を制覇したサイレンススズカ、デビューからNHKマイルC(G1)まで5戦無敗のエルコンドルパサー、デビューから朝日杯3歳S(G1)(現、朝日杯FS)まで4戦無敗のグラスワンダー。この3頭があまりにも抜けていたのである。

 7年後に無敗で三冠を達成するディープインパクトが登場まで、サンデーサイレンス産駒の最高傑作と評価されたサイレンススズカと、当時は外国産馬ゆえに日本ダービー(G1)の出走権がなく、ここまでクラシックの王道を歩めずも、その実力が評価されていたエルコンドルパサーとグラスワンダーの無敗3歳馬2頭。この3頭の初対決に日本中が沸いた。


■1998年 毎日王冠(G2)出走馬
1番プレストシンボリ (岡部幸雄騎手・藤沢和雄厩舎)
2番サイレンススズカ (武豊騎手・橋田満厩舎)
3番テイエムオオアラシ(福永祐一騎手・二分久男厩舎)
4番エルコンドルパサー(蛯名正義騎手・二ノ宮敬宇厩舎)
5番ランニングゲイル (柴田善臣騎手・加用正厩舎)
6番グラスワンダー  (的場均騎手・尾形充弘厩舎)
7番サンライズフラッグ(安田康彦騎手・安田伊佐夫厩舎)
8番ワイルドバッハ  (M.ロバーツ騎手・元石孝昭厩舎)
9番ビッグサンデー  (宝来城多郎騎手・中尾正厩舎)


 この3頭以外にも鳴尾記念(G2)勝ちのサンライズフラッグ、重賞3勝のビッグサンデーなど、出走馬9頭中8頭が重賞勝ち馬とハイレベルなメンバーであった。

 人気は59kgの斤量を背負いながらもサイレンススズカが1.4倍で1番人気、2番人気は55kgのグラスワンダーで3.7倍、3番人気が57kgのエルコンドルパサーで5.3倍。離れた4番人気がサンライズフラッグは単勝32.9倍だったので、いかにこの3頭が抜けていたかわかる。

 サイレンススズカの鞍上は名手・武豊騎手。前走の宝塚記念はエアグルーヴに騎乗したため、南井克巳騎手が代打騎乗での勝利だったが、それまでの主戦は武豊騎手であり、この毎日王冠後は天皇賞(秋)、さらにはアメリカ遠征も計画されていた。

 同馬はデビュー前からその素質を評価されていたが、2戦目の弥生賞(G2)で大出遅れをやらかすなど気性的に未熟な部分もあり、本格化を果たしたのは明け4歳の2月から。年明け初戦のバレンタインS(OP)を快勝すると、それまでの成績が嘘だったかのように重賞を連勝。中山記念(G2)~小倉大賞典(G3)~金鯱賞(G2)~宝塚記念と5連勝を達成。秋初戦でこの毎日王冠を選択したのである。

 グラスワンダーはデビュー戦からすべてのレースで上がり最速を記録し、どのレースも後続に0.4秒以上の差を付けて圧勝。朝日杯3歳Sはレコードタイムで制し、JRA最優秀2歳牡馬に選ばれている。その後骨折が判明し春は不出走、この毎日王冠が復帰戦だった。デビューから的場均騎手が主戦を務めていたが、的場騎手はエルコンドルパサーの主戦でもあった。ゆえに毎日王冠はどちらに騎乗するのか注目を集めたが、的場騎手はグラスワンダーを選択する。

 エルコンドルパサーは2歳11月にダートでデビュー。その後ダートで3連勝を達成し、ニュージーランドT4歳S(G2)(現、ニュージーランドT)、NHKマイルC(G1)も連勝して5戦無敗。デビューから的場騎手が主戦だったが、この毎日王冠では同じく主戦だったグラスワンダーの騎乗を選択したため、蛯名正義騎手への乗り替わりとなった。

【JRA観戦記】13万人が詰めかけた唯一無二の競演。サイレンススズカ、グラスワンダー、エルコンドルパサーの歴史に残る戦い。1998年毎日王冠のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直