NEW

【南部杯(G1)展望】「連覇」アルクトスと「V2」サンライズノヴァの一騎打ち!? インティ武豊の代打は“因縁”のアノ若手騎手

【南部杯(G1)展望】「連覇」アルクトスと「V2」サンライズノヴァの一騎打ち!? インティ武豊の代打は因縁のアノ若手騎手の画像1

 11日(月)には盛岡競馬場でマイルチャンピオンシップ南部杯(G1)が行われる。

 このレースが統一G1に格付けされた1997年以降、06~08年に3連覇を果たしたブルーコンコルドを含む5頭が連覇を達成。リピーターの活躍が顕著なレースとなっている。

 今年はJRA所属7頭、地元の岩手所属8頭、そして大井所属1頭の合計16頭が出走を予定しているが、有力候補はリピートを狙う過去2年の覇者だろう。

 まずは昨年6番人気でG1初制覇を遂げたアルクトス(牡6歳、美浦・栗田徹厩舎)だ。1年前は稍重の速い時計が出る馬場を味方に1分32秒7という好タイムで1600mを駆け抜けた。

 これはクロフネが2001年の武蔵野S(G3)で記録した1分33秒3を塗り替えるダート1600mの“日本レコード”だった。

 2年前にも2着に入るなど、盛岡ダートとは相性抜群。レース当日は雨予報も出ており、昨年と同じく脚抜きのいい高速馬場になれば連覇は濃厚か。

 この秋は11月3日に金沢競馬場で行われるJBCスプリント(ダート1400m、G1)に行くプランもあったようだが、陣営は確勝を期してより得意とするワンターンの南部杯を選択してきた。年内はこれが最後のレースということなので、ここに全力投球で臨むだろう。

【南部杯(G1)展望】「連覇」アルクトスと「V2」サンライズノヴァの一騎打ち!? インティ武豊の代打は因縁のアノ若手騎手の画像2

 2年前のこのレースでアルクトス、ゴールドドリームらを抑えて勝利したサンライズノヴァ(牡7歳、栗東・音無秀孝厩舎)。昨年は1番人気に推されるも4着に敗れた。

 連覇を狙ったサンライズノヴァは道中、中団7番手という位置取り。直線で末脚を伸ばしたが、前が止まらない馬場に泣いた。その後は武蔵野Sで重賞5勝目を飾ったが、近3走はG1で12着、11着、7着と苦しいレースが続いている。

 今回は松若風馬騎手から松山弘平騎手に乗り替わって変わり身に期待がかかる。唯一コンビを組んだ昨年のフェブラリーS(G1)では3着に好走。また、松山騎手は今週6日(水)の東京盃(G2)を7番人気サクセスエナジーで、7日(木)のレディスプレリュード(G2)をレーヌブランシュで2日連続Vと目下交流重賞で絶好調だ。乗れている鞍上が7歳馬を2年ぶりG1勝利に導くことはできるだろうか。

【南部杯(G1)展望】「連覇」アルクトスと「V2」サンライズノヴァの一騎打ち!? インティ武豊の代打は“因縁”のアノ若手騎手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】