NEW

JRA【府中牝馬S(G2)展望】戸崎圭太マジックキャッスルVS川田将雅デゼルが一騎打ち! ドナアトラエンテはC.ルメールとコンビ復活で重賞初Vのチャンス

JRA【府中牝馬S(G2)展望】戸崎圭太マジックキャッスルVS川田将雅デゼルが一騎打ち! ドナアトラエンテはC.ルメールとコンビ復活で重賞初Vのチャンスの画像1

 16日には東京競馬場で府中牝馬S(G2)が行われる。過去10年でこのレースをステップに4頭がエリザベス女王杯(G1)を制している。今年は4歳馬を中心に好メンバーがそろいそうだ。

 昨年の秋華賞(G1)でデアリングタクトの2着に好走したマジックキャッスル(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)。これまで12戦して2勝と勝ち味には遅いが、掲示板を外したのは出遅れがたたって12着に沈んだ桜花賞(G1)だけと安定感がある。

 東京コースでは、クイーンC(G3)で4番人気2着、オークス(G1)では14番人気5着、そして今年のヴィクトリアマイル(G1)は5番人気3着と人気以上の好走を見せてきた。

 ヴィクトリアマイル後は、クイーンS(G3)で重賞2勝目を狙ったが、ゴール前でテルツェットの強襲に遭いクビ差の2着。434kgと小柄なマジックキャッスルには初の56kgという斤量が堪えた印象だ。

 コンビを組むのは「2-3-1-0」と好相性の戸崎圭太騎手。今度こそ勝ち切って、秋の最大目標エリザベス女王杯に向かいたい。

JRA【府中牝馬S(G2)展望】戸崎圭太マジックキャッスルVS川田将雅デゼルが一騎打ち! ドナアトラエンテはC.ルメールとコンビ復活で重賞初Vのチャンスの画像2
デゼル 競馬つらつらより

 マジックキャッスルと同じデアリングタクト世代のデゼル(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎)は、3戦連続となる川田将雅騎手とのコンビで臨む。

 これまで東京コースは「2-0-0-2」だが、1800mに限ればスイートピーS(L)と初音S(3勝クラス)を快勝した得意な舞台だ。

 昨年のオークスで2番人気に支持された素質馬は、今年4月の阪神牝馬S(G2)で重賞初制覇。続くヴィクトリアマイルでは4番人気の支持を受けたが、勝ったグランアレグリアから0秒9差の8着に敗れた。ただし2着ランブリングアレー、3着マジックキャッスルとの差は0秒2と2着以下との力関係はほぼ互角だったといえるだろう。

 今回は5か月ぶりの実戦となるが、先月30日(木)の2週前追い切りでは、栗東坂路でこの日の2番時計となる51秒1を記録。1週前の栗東CWでは3頭併せで再先着を果たすなど調整は順調。ただし、3か月以上の休み明けは4着、3着と連を外しており、レース当日の気配は気になるところだ。

 ジェンティルドンナの全妹、ドナアトラエンテ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)が4戦ぶりにC.ルメール騎手とコンビを再結成してエリザベス女王杯の権利獲りを狙う。

 その血統背景もあってデビュー前から大きな期待をかけられてきたが、オープン入りしたのは5歳となった今年1月だった。その後は、牝馬限定重賞で9着、2着、11着。唯一好走したのは新潟1800mで行われた福島牝馬S(G3)だった。

 デビューから左回りコースを主体に使われ、実際に右回りの「1-1-0-2」に比べると、左回りでは「3-4-1-0」と結果を残している。「3-3-0-0」と相性抜群のルメール騎手が配された今回は、重賞初制覇の大チャンスといえるだろう。

JRA【府中牝馬S(G2)展望】戸崎圭太マジックキャッスルVS川田将雅デゼルが一騎打ち! ドナアトラエンテはC.ルメールとコンビ復活で重賞初Vのチャンスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは