NEW

JRA「珍名馬」ウナギノボリの評価が超ウナギノボリ!? サウジアラビアRC(G3)で地味に4着も、記者たちが絶賛する理由

JRA「珍名馬」ウナギノボリの評価が超ウナギノボリ!? サウジアラビアRC(G3)で地味に4着も、記者たちが絶賛する理由の画像1
ウナギノボリ 競馬つらつらより

 まさか、ここまで走るとは……。

 9日、東京競馬場で行われたサウジアラビアロイヤルC(G3)は、1番人気のコマンドラインが勝利。2着に2番人気のステルナティーア、3着にも3番人気のスタニングローズが入線し、サンデーレーシングが誇るエリート候補たちが揃って結果を出した。

 ただ、筆者が個人的に驚いたのは、その3頭に食い下がったウナギノボリ(牡2歳、栗東・音無秀孝厩舎)の力走である。

 前走のデビュー戦で騎乗した和田竜二騎手が「調教から集中力がないと聞いていて、ゲートから出て行かずに前半からついて行くので精一杯。3コーナーから急に動き出して……」と、とても勝ち馬とは思えないコメントを残していたが、この日もスタートはほぼやる気なし……あっさりと出遅れて後方からの競馬を強いられてしまった。

 舞台は開幕週の東京であり、ましてや600m通過が37.7秒という超スローペース。この時点で相当苦しい展開のはずだったが、やはり3コーナー辺りから急に勢いづいて進出を開始。勢いに乗ったまま最後の直線に入ると、上位3強にしぶとく食い下がって4着を確保した。3着だったスタニングローズには1馬身差に迫った一方、5着馬には3馬身差をつけている。

JRA「珍名馬」ウナギノボリの評価が超ウナギノボリ!? サウジアラビアRC(G3)で地味に4着も、記者たちが絶賛する理由の画像2

 今回の鞍上・菅原明良騎手は、若手騎手らしく「クセのない良い馬です」と当たり障りのないコメントだったが、少なくとも粗削りながら、その名に負けない“個性”は持っていそうだ。

「今回はかなり厳しいメンバーだったので、あそこまで走れるとは驚きました。人気こそ3強に次ぐ4番人気でしたが、単勝オッズは3番人気のスタニングローズの5.4倍から大きく離れた17.6倍。3強+その他といった感じで、4番人気になったのはネーミングの面白さもあると思います。

デビュー前の牧場の評価も決して高くなかったですし、レースぶりも然ることながら、調教からどこか上の空といった感じで……正直、これで何故あんなに走るのかがわからないくらいです。

デビュー戦での和田竜騎手が『(気分が)乗っていると動くタイプ』と話していましたが、まさにその通りなのかも。音無調教師も東京スポーツの取材に『デビュー前は心配事の方が多かったけど、レースでは予想以上に走ってくれた』と話していましたね。

現段階で高い完成度を誇るコマンドラインから0.3秒差、ステルナティーアらからは0.2秒差の走りができるなら、競馬を覚えて真面目に走れるようになれば相当有力ですよ。サウジアラビアRCの上位3頭は世代でもトップクラスだと思いますが、伸びしろという点ではウナギノボリの方に大きな魅力を感じますね」(競馬記者)

 そう話す記者からは、すこぶる高い評価を受けるウナギノボリだが「珍名」と言われるその名のせいか、どこか大物感が感じられないのは筆者だけではないだろう。

JRA「珍名馬」ウナギノボリの評価が超ウナギノボリ!? サウジアラビアRC(G3)で地味に4着も、記者たちが絶賛する理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  5. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは