NEW

JRA【秋華賞(G1)展望】古馬「撃破」ソダシ牝馬2冠へ視界良しもユーバーレーベンは「状態不安」で黄信号!? 「12冠ベビー」は惜敗続きにピリオド打てるか

【この記事のキーワード】, ,
JRA【秋華賞(G1)展望】古馬「撃破」ソダシ牝馬2冠へ視界良しもユーバーレーベンは「状態不安」で黄信号!? 「12冠ベビー」は惜敗続きにピリオド打てるかの画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 17日、レース史上初めて阪神競馬場で行われる秋華賞(G1)は、フルゲート16頭に22頭がエントリー。収得賞金1500万円の5頭が除外対象となっており、1600万円の4頭が3枠を巡って抽選対象となっている。

 最大の注目はやはり白毛のアノ馬だろう。昨年暮れに2歳女王に輝き、4月に桜花賞(G1)を制したソダシ(牝3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 無敗の2冠を狙ったオークス(G1)は、序盤から厳しい競馬を強いられ、初黒星となる8着に終わった。巻き返しを誓った8月の札幌記念(G2)で古馬を撃破し、「クロフネ産駒は2000m以上の重賞を勝てない」というジンクスを覆した。

 2着に破った相手が今年に入って完全復活を果たしたラヴズオンリーユーだったこともソダシの評価を引き上げている。前半3ハロン34秒9という厳しいペースを2番手で追走する強気な競馬。ブラストワンピースに早めにプレッシャーをかけられ、3コーナーで早々と先頭に立つと、直線でも後続に抜かせず、しぶとく粘り込んだ。

 52kgという斤量とやや時計がかかる馬場も味方につけたが、秋華賞と同じ距離を経験できたことは大きい。また本番まで約2か月というゆとりあるローテーションも理想的だろう。

 阪神JF(G1)と桜花賞を制した阪神コースは得意。好位から早めに押し切るタイプのソダシにとって、内回りに替わるのも追い風となりそうだ。

 桜花賞と秋華賞で牝馬2冠を達成すれば、07年ダイワスカーレット以来14年ぶりとなる。今度はクロフネ産駒として初めて2000m以上のG1勝利を挙げられるだろうか。

 ソダシと同じく牝馬2冠がかかるユーバーレーベン(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)も注目を集める。こちらは15年ミッキークイーン以来となるオークスと秋華賞の2冠を狙う。

 昨年6月に2歳新馬戦を勝ち上がったユーバーレーベン。阪神JF3着など惜敗続きで2勝目をなかなか挙げられなかった。

 しかし、3歳牝馬には過酷な東京2400mのオークスでようやく本領を発揮。M.デムーロ騎手の見事な手綱さばきもあって、3月に他界した岡田繁幸さんにクラシック初勝利を捧げた。

 だが、レース後には左前屈腱部に腫れと熱感を持っていることが判明。幸い大事には至らなかったが、前哨戦を使わず、直行で秋華賞を迎える。

 美浦には9月中旬に帰厩。管理する手塚師は「脚元は大丈夫だが、秋華賞はぶっつけで厳しい戦いになりそう」と本音を吐露。1週前追い切り後にも「時計が遅い。もうちょっとやりたかった」と状態に不安を抱えての阪神遠征となりそうだ。

JRA【秋華賞(G1)展望】古馬「撃破」ソダシ牝馬2冠へ視界良しもユーバーレーベンは「状態不安」で黄信号!? 「12冠ベビー」は惜敗続きにピリオド打てるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】