NEW

JRA福永祐一の「独占欲」を刺激したアンドヴァラナウト、秋華賞(G1)で有力視ファインルージュを選ばなかった裏事情にトップ騎手のプライドが見え隠れ

JRA福永祐一の「独占欲」を刺激したアンドヴァラナウト、秋華賞(G1)で有力視ファインルージュを選ばなかった裏事情にトップ騎手のプライドが見え隠れの画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 17日に阪神競馬場で開催される秋華賞(G1)は、早くも白毛のアイドル・ソダシ一色ムードが濃厚。当面のライバルと見られていたサトノレイナスが、骨折により無念の戦線離脱となったこともあり、ますますソダシ人気に拍車が掛かりそうな雰囲気も強まった。札幌記念(G2)で古馬を一蹴した実力馬の二冠達成に大きな注目が集まりそうだ。

 ただ、そんなソダシに対してライバル陣営も黙って見ている訳にはいかない。紫苑S(G3)を制したファインルージュ、ローズS(G2)で既存の勢力を塗り替えたアンドヴァラナウトらも虎視眈々。ソダシの牝馬二冠を阻止すべく、爪を研いでいるだろう。

 その一方で、両トライアルを勝利した2頭は、いずれも福永祐一騎手のお手馬だったことも見逃せない事実。春の桜花賞、オークスというG1でコンビを組んでいたファインルージュを優先するのでは?という見方が濃厚の中、福永騎手が選択したのは意外にも夏の上がり馬であるアンドヴァラナウト(牝3、栗東・池添学厩舎)の方だった。

 ファインルージュが秋の復帰戦を惨敗でもしていたのならまだしも、むしろ自身の好騎乗で勝利した上での乗り替わり。単純に「強い方」を選択しただけという声も一部で出ているが、記者からは面白い話を聞くことが出来た。

JRA福永祐一の「独占欲」を刺激したアンドヴァラナウト、秋華賞(G1)で有力視ファインルージュを選ばなかった裏事情にトップ騎手のプライドが見え隠れの画像2
ファインルージュ 撮影:Ruriko.I

「当の本人も秋華賞でファインルージュに乗る方向で、話が進んでいたのは事実ですが、アンドヴァラナウトがローズSで既存勢力相手にあそこまで強い競馬をするとは思ってなかったようです。

夏の2戦で見どころのあるレースをしていましたが、奥手の血統でまだまだ心身共に成長途上。本格化するのは来年以降と考えていたにもかかわらず、あんな勝ち方をされたらそりゃ心も揺らぎますね」(競馬記者)

 実際、関係者に「現時点での完成度ならファインルージュ、伸びしろを考えるならアンドヴァラナウトやな。秋華賞だけで見るならどちらが上に来るかは本当に分からない。それくらい差はないよ」と話していたようだ。

 レース後にも「G1の舞台でも十分勝負できるだけの馬」、「僕自身もそうですが皆さんも楽しみにしていただけたら」など、コンビ正式発表前ながら続行が既定路線と思わせるようなコメントも出ていただけに、この時点で“心変わり”は「審議」ではなく「確定」していたのかもしれない。

 とはいえ、本当の決め手になった理由は、パートナーの急激な成長だけではないという噂もあるため、こちらとしては気になるのも当然。前述の記者が推察した裏事情を教えてくれた。

「どうやら騎乗馬に対する思い入れの差も関係していたみたい。ファインルージュは北村宏司騎手でデビューして、その後はC.ルメール騎手が騎乗。ですが、ルメール騎手にはサトノレイナスがいたため、桜花賞で福永騎手にチャンスが回ってきました。

対するアンドヴァラナウトは、デビューからずっと自分が乗ってきた馬。福永騎手としては、棚ボタ的な展開で手に入れた馬よりも、自分が教育した馬を優先したかったようです」(同)

 これについては福永騎手だけということではないが、「自分以外の騎手が乗った事がない」馬というのは物凄く大きな事らしい。

JRA福永祐一の「独占欲」を刺激したアンドヴァラナウト、秋華賞(G1)で有力視ファインルージュを選ばなかった裏事情にトップ騎手のプライドが見え隠れのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?