NEW

JRAソダシ、シュネルマイスター、ピクシーナイト…… 今年の3歳は早くも「史上最強」で確定!? 古馬相手に「歴代最多」重賞勝利が示した大豊作の予感

JRA今年の3歳は早くも「史上最強」で確定!? ソダシ、シュネルマイスター、ピクシーナイト…… 古馬相手に「歴代最多」重賞勝利が示した大豊作の予感の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 もしかしたら今年の3歳世代は、とんでもなくハイレベルなのではないか。

 そんな思いが脳裏に過った競馬ファンも少数派から徐々に多数派となりつつあるだろう。

 8月の札幌記念(G2)では、今週の秋華賞にも出走するソダシが、古馬牝馬のトップクラスであるラヴズオンリーユーに勝利。秋の開幕G1であるスプリンターズS(G1)でも、ピクシーナイトが、レシステンシア相手に2馬身の差をつけて圧勝した。

JRA今年の3歳は早くも「史上最強」で確定!? ソダシ、シュネルマイスター、ピクシーナイト…… 古馬相手に「歴代最多」重賞勝利が示した大豊作の予感の画像2
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 そしてその余韻もまだ残る中、毎日王冠(G2)ではシュネルマイスターが今年の安田記念馬ダノンキングリー相手に、凄まじい切れ味を披露しての勝利。いずれも世代レベルの高さを鮮烈に印象付ける走りだっただけに、否が応でも注目せざるをえないだろう。

 3歳馬の古馬相手の快進撃は、7月のアイビスサマーダッシュ(G3)をオールアットワンスが勝利したのがはじまりだった。

 さらに勢いを増した8月には北九州記念(G3)をヨカヨカ、札幌記念をソダシ、キーンランドC(G3)をレイハリアがそれぞれ制して3勝を加算。そして10月に入ってスプリンターズSをピクシーナイト、毎日王冠をシュネルマイスターが制した結果、重賞レースで古馬を相手に6勝という「空前絶後」ともいえる好成績を残している。

 なぜそこまで驚く必要があるのかという声も出るかもしれないが、それまでの同世代同士の戦いから上の世代と戦うということは、その年の3歳の評価に直結するからだ。軽い斤量で走れる夏のローカル重賞だけでなく、秋のG2やG1のような一線級を相手に結果を出していることも見逃せない。

 そして、毎日王冠が終了したタイミングでの6勝は、過去になかったといえるほどの偉業でもあるのだ。

「レース体系や新設重賞などの兼ね合いから、完全な比較というわけにはいきませんが、少なくともこの6勝という数字は、過去30年を遡ったとしても群を抜いていることは確かです。

年間を通してだと1997年の12勝が最多ですが、この勢いが続けば更新の可能性も高いのではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 勿論、これから先の重賞で勝ち数を伸ばせないケースもあるだろうが、まだ10月半ばの段階で史上最速ペースの勝ち数を挙げていることは、世代レベルの高さを証明するには十分な結果でもある。

 まだ2カ月半も残されている今年のJRA開催。これから続く秋のG1戦線でも3歳馬の出走があるようなら積極的に狙ってみても損はなさそうだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAソダシ、シュネルマイスター、ピクシーナイト…… 今年の3歳は早くも「史上最強」で確定!? 古馬相手に「歴代最多」重賞勝利が示した大豊作の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?