NEW

JRA「実は……間違えて」馬名申請!? “珍名馬”アイキャン同意の誕生に「グランアレグリア2世」より注目集まった?

JRA「実は……間違えて」馬名申請!? 珍名馬アイキャン同意の誕生に「グランアレグリア2世」より注目集まった?の画像1

 10日(日)、東京競馬場で行われた4R・2歳新馬(芝1600m)は、C.ルメール騎手の1番人気ラスールが勝利。G2を3勝したシャケトラの半妹にあたるキタサンブラック産駒の走りにルメール騎手からは「新しいグランアレグリア」という最高の誉め言葉も出た。

 一方、このレースで2着に入ったのは関西から遠征していたアイキャンドウイッ(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)。こちらも父がディープインパクト、近親には16年オークス馬のシンハライトがいるように、勝ち馬に負けず劣らずの良血馬だ。

 レースでは最内枠から好スタートを切ったアイキャンドウイッがハナを奪うと、先頭のまま東京の長い直線へ。残り1ハロンまでしぶとく粘っていたが、最後は力尽きて、3馬身半差で突き抜けた勝ち馬の軍門に下った。

 鞍上を務めた横山武史騎手は「スタートが速かったので、出たなりに行きました」と逃げの手を打った理由を説明。「ただ直線は内にモタれて追えませんでした。大きな課題だと思います」と今後に向けての改善点も挙げていた。

 勝ち馬には完敗したアイキャンドウイッだが、3着のロジレットには2馬身差をつけており、勝ち上がりは時間の問題に思える好走。母系には2歳戦から活躍した馬も多く、今後が楽しみな存在だ。

 このレースを見たファンの中には、アイキャンドウイッの馬名が気になった人も多かったのではないだろうか。その由来は、「私ならできる」なので、英語で表記すればすなわち「I can do it」だと思われる。

 しかし、馬名は9文字までという縛りがあるため、「イット」の「ト」が足りない。ただ、これはネイティブの発音に従えば、むしろ正解に近いといえるだろう。むしろ気になるのは「ドウイッ」の「ウ」の方だ。「do」なので、「ドゥイッ」がベターに思えるが……。

「以前から本馬の馬名についてSNSなどでは話題になっていたようですね。確かに『ドウイッ』は『ドゥイッ』じゃないのかと指摘する声は以前からありました。さらに注目を集めたのがレース実況を担当したラジオNIKKEIの山本直也アナの発音です。

アイキャンドウイッは最後まで上位争いを演じたため、当然、レース中にその馬名は連呼されることに……。山本直也アナは馬名表記に忠実な『アイキャンドウイッ』と発音していましたが、これにはTwitter上でも『アイキャン同意なのか!』とツッコミの声が多数飛び交っていました(笑)。

ラジオ日本の中継を聞いていたのですが、実況を担当した堀江政史アナは馬名の由来に従って『アイキャンドゥイッ』と発音していたので、今後どっちの発音が採用されるのか、アナウンサーによってバラバラになるのか、注目したいですね」(競馬誌ライター)

JRA「実は……間違えて」馬名申請!? “珍名馬”アイキャン同意の誕生に「グランアレグリア2世」より注目集まった?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!