NEW

ベテランアナの「痛恨」見落としでファンは地獄から天国?一度も名前を呼ばれずに馬券圏内に突入…… 諦めていたファンが「棚からぼたもち」的中の真相

ベテランアナの「痛恨」見落としでファンは地獄から天国?一度も名前を呼ばれずに馬券圏内に突入…… 諦めていたファンが「棚からぼたもち」的中の真相の画像1

 10日、新潟競馬場で行われた8R・3歳上1勝クラスは、津村明秀騎手の3番人気インナリオ(牝3歳、美浦・岩戸孝樹厩舎)が直線で内めを捌いて勝利。初勝利以来となる約11ヶ月ぶりの白星を手にした。

 2着には中団で脚をためた富田暁騎手の2番人気メモリーエフェクト(牡3歳、栗東・大久保龍志厩舎)が入った。

 富田騎手は「勝ち馬の決め手に屈した感じですね」と、悔しさを見せながらも、「直線でスムーズに前が開きましたし、理想的な競馬ができました」と、前向きにレースを振り返った。

 一方、富田騎手とは反対に理想とは程遠い実況をしてしまったのが、このレースを担当した『ラジオNIKKEI』の小林雅巳アナウンサーかもしれない。JRAのレース映像実況とラジオ実況は同じラジオNIKKEIのアナウンスを使用しているため、ラジオ実況はレース実況の映像が無いバージョンである。

「10番のジューンロールオンが出遅れて後ろからです。好ダッシュ、ブルアモーレ・メモリーエフェクト。更にはカイトレッドがいって……」

 そう切り出して小林アナは、フルゲート18頭立ての外回り芝1600m戦の実況を始めた。最初のコーナーまでが長く隊列が激しく変わることも珍しくないコースだが、アナウンサー歴36年目のベテランは正確に各馬の位置をファンへ伝える。

 3・4コーナーを各馬が回って最後の直線へ。新潟競馬場名物の日本一長い直線659mの攻防戦に入る。競馬は最後の直線で速く走り、ゴール板をより早く駆けた馬が勝負を制することになる競走だ。すなわち、最後の直線は勝負の“最終局面”だけあって、馬券を購入しているファンは固唾を飲んで見守るシーンだ。

 それだけに実況アナウンサーは直線で各馬の攻防を正確に、アナウンスすることが求められる。特に競馬実況をラジオで聞いているファンにとっては、映像を見られないためアナウンサーの声が全てである。

 実況が頼りのリスナーは、直線のシーンで購入した馬が呼ばれることが多ければ上位を走っていると考え、馬券が的中するのではと胸が躍る。反対に、購入した馬が全く呼ばれなければ、下位を走っていると考え、馬券がハズレたのではないかと落ち込む。

「内を突いては15番セイイーグル追い込んでくる!更には、外から18番グランデフィオーレ!グランデフィオーレが先頭に替わったか!内を入ってきた12番のインナリオ!差を詰めてくる」

ベテランアナの「痛恨」見落としでファンは地獄から天国?一度も名前を呼ばれずに馬券圏内に突入…… 諦めていたファンが「棚からぼたもち」的中の真相のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは