NEW

JRA かつての新人王に「無念」の主戦降板宣告……「凄く思い入れの強い馬」も追い込まれる崖っぷちジョッキーたちに明日はあるのか

JRA かつての新人王に「無念」の主戦降板宣告……「凄く思い入れの強い馬」も追い込まれる崖っぷちジョッキーたちに明日はあるのかの画像1

 16日、東京競馬場で第69回府中牝馬S(G2)が行われる。特別登録の段階でフルゲート18頭を超える21頭が登録している。

 21頭の中には、昨年の秋華賞(G1)2着馬マジックキャッスルや、今年の阪神牝馬S(G2)優勝デゼルなどの実力馬がスタンバイしている。マジックキャッスルは戸崎圭太騎手、デゼルは川田将雅騎手といったように、有力馬は基本的に乗り替わりがなさそうだ。

 一方、今回無念の乗り替わりとなってしまったのが加藤祥太騎手だ。

 加藤騎手は同レースに登録しているミスニューヨーク(牝4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)の主戦として、これまで同馬の15戦中14戦で鞍上を任されていた。ただ、今回はどうやら乗り替わりとなるようだ。

 加藤騎手はデビューした2015年に30勝を挙げ、関西新人騎手が対象の中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞。翌年にも、顕著な成長と成果が認められた若手騎手に贈られる中央競馬騎手年間ホープ賞を受賞している。2つの賞は言わば騎手の世界における「新人王」タイトルである。

 そのため、多くの関係者から3年目以降も飛躍を続けるのではと期待されていたが、
3年目以降に勝ち星が激減。近年は年間一桁勝利が目立ち、今年は現在2勝と白星に恵まれていない。

 また勝利数の減少に伴い、騎乗依頼も減少するのが騎手の宿命だ。先月は計3レースしか騎乗機会がなく、まさに「崖っぷち」の状況に陥っている。

 そんな加藤騎手を支えてきたのが、ミスニューヨークだ。「今までにない、凄く思い入れの強い馬」とスポーツニッポンの取材で答えているように、一昨年12月のデビュー戦からコンビを組み続けている、いわば「相棒」的存在である。

 何度も乗り替わりの危機はあった。実際に乗り替わったのは1度しかないが、騎乗停止処分を科されていた秋華賞では、代役として長岡禎仁騎手が騎乗。16番人気を5着へ導く好騎乗だった。

 レース後、ミスニューヨークの主戦降板を覚悟した加藤騎手だったが、管理する杉山晴師から次走の騎乗依頼が舞い込んだ。当時のことについて「本当に感謝の気持ちでいっぱいでした」と、師へ感謝の言葉を述べている。

JRA かつての新人王に「無念」の主戦降板宣告……「凄く思い入れの強い馬」も追い込まれる崖っぷちジョッキーたちに明日はあるのかの画像2 また、今年4月の福島牝馬S(G3)では、オーナーサイドの意向で田辺裕信騎手への乗り替わりが“決まって”いた。

 しかし、田辺騎手が前週に負傷して当週の騎乗をキャンセル。再び、鞍上が空白になったが、杉山晴師が「馬の能力をしっかりと引き出してくれた」と、前走のスピカS(3勝クラス)の勝利を評価していたことで、加藤騎手とのコンビ継続となった。

 だが、首の皮一枚つながった福島牝馬Sでは3番人気の支持を得ながらも9着と惨敗……その後、3戦も1番人気で3着が最高と目立った活躍はない。

JRA かつての新人王に「無念」の主戦降板宣告……「凄く思い入れの強い馬」も追い込まれる崖っぷちジョッキーたちに明日はあるのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】