NEW

JRA金子真人オーナー「三本の矢」でも狙い目は最低人気!? 今度はマカヒキではなくワグネリアン、秋華賞激走を予感させる「意味深」な背景

【この記事のキーワード】, ,
JRA金子真人オーナー「三本の矢」でも狙い目はミスフィガロ!? 今度はマカヒキではなくワグネリアン、最低人気の秋華賞激走を予感させる「意味深」な背景の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 17日、阪神競馬場では牝馬のラスト一冠・秋華賞(G1)が開催される。本命視されるソダシは、札幌記念(G2)で古馬トップクラスの1頭であるラヴズオンリーユーを破り、充実の夏を過ごした。最大のライバルと見られていたサトノレイナスが故障により、戦線を離脱したこともあり、断然人気での出走が予想される。

 ソダシを所有しているのは、誰もが羨む競馬界一の「豪運男」ともいえる金子真人オーナーだ。ソダシの父クロフネをはじめ、ディープインパクト、キングカメハメハやカネヒキリなど、これまで所有した馬から数多くのG1馬が誕生した。

 一人のオーナーにここまで走る馬が集中したことは、ただ“運がいいだけ”では説明がつかない。その卓越した相馬眼によって、「金子王国」を築き上げたといっていいだろう。

 今年の秋華賞にはソダシ以外にも、アカイトリノムスメ、ミスフィガロ、マリアエレーナの計4頭がスタンバイ。除外対象となっているマリアエレーナについては絶望的といえる状況だが、それでもG1の舞台に「三本の矢」で挑めるというのは、驚異的な層の厚さを物語っている。

 アクシデントなどがなければ、ほぼ出走が確定している3頭。上位人気が予想されるソダシ、アカイトリノムスメに比して、人気の盲点となりそうなのがミスフィガロ(牝3、栗東・友道康夫厩舎)である。配当的な妙味も含めて絶好の狙い目となりそうな同馬に注目してみたい。

 デビューから無傷の5連勝でソダシが桜花賞馬に輝いた4月に、ミスフィガロはまだ未勝利戦すら勝てない状況だった。すでにG1・2勝目を挙げた白毛の女王とは、天地の開きがあったといっても過言ではない。

 しかし、5月の未勝利戦を2着馬に2馬身半の差をつけて初勝利を挙げると、次走の1勝クラスでも勝利。続く秋華賞トライアルの紫苑S(G3)では、12番人気の低評価ながら、下馬評を覆す3着に入り、牝馬ラスト一冠の最終チケットを手に入れるまでに成長した。この好走はミスフィガロの確かな成長を裏付ける結果ではないだろうか。

「この体でもバランス良くきちんと走っていました。これからもっと良くなると思いますし、最低限権利を取れて良かったです」

 秋華賞の権利を取った紫苑S後に友道師が残したコメントに「最低限」という言葉が含まれていたことからも好感触が伝わってくる。指揮官としては、優先出走権が手に入る3着以上に好戦可能という自信があったようにも思える内容だ。

 まず、強調できる点は、マイル戦でデビューした同馬が徐々に距離を延ばし、3月の未勝利戦から前走の紫苑Sまで4戦連続で芝2000mのレースを使われていることだ。それとともに末脚も際立つようになり、近2走ではコンスタントに上がり3ハロン33秒台の切れ味を披露している。

 また、馬体に身が入ってきたことも躍進の原動力となっているはず。406キロでデビューしたように馬格のなかったミスフィガロは、レースを走るたびに馬体重を減らし、一時は400キロちょうどまで落ち込んだこともあった。

 だが、2走前には初めてプラスとなる408キロで出走して勝利。前走でも同じく8キロプラスの416キロとなり、最低体重だった400キロから16キロ増と充実した。

JRA金子真人オーナー「三本の矢」でも狙い目は最低人気!? 今度はマカヒキではなくワグネリアン、秋華賞激走を予感させる「意味深」な背景のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】