NEW

JRA岩田望来「武豊超え」でも勝てない重賞の壁! リーディングトップ10入りでも「平場専用」なのはなぜなのか

【この記事のキーワード】, ,

JRA岩田望来「武豊超え」でも勝てない重賞の壁! リーディングトップ10入りでも「平場専用」なのはなぜなのかの画像1

 2000年代生まれ、すなわちデビューして3年以内のジョッキーで、「若手のホープ」といえばどの騎手が思い浮かぶだろうか。

 2年目にして、今年の函館2歳S(G3)で重賞初制覇を成し遂げた泉谷楓真、2月の東京新聞杯(G3)で同じく重賞初勝利を飾った菅原明良。それ以外にも、団野大成や亀田温心など注目度の高い騎手は多いだろう。

 菅原騎手については、新潟競馬場の直線1000mで行われる夏の名物重賞アイビスサマーダッシュ(G3)において、有利な外ラチめがけて人馬が殺到する中、常識破りの内ラチ沿い走行を選択して14番人気3着と激走したことも記憶に新しい。

 役者が揃う2000年代生まれだが、全国リーディングでは前述の菅原騎手が13位(10月10日終了時点)とトップ10の壁は厚いのが現状である。そんなハイレベルな上位争いの中で現状唯一、一ケタ順位の9位に食い込む奮闘を見せているのが岩田望来騎手だ。

 同騎手の特徴は、デビュー3年目ながらとにかく多い騎乗数と勝ち星。例えば直近の日曜阪神では全12レース中10レースで騎乗し、うち6回で3着以内と抜群の成績を残した。

 特に冷静な好騎乗が光ったのが、9日に行われた土曜阪神の2歳未勝利新馬戦である。ビーアイオラクルに騎乗し最内枠からスタート、「いいスタートを切れたので逃げました」と語ったように、スムーズに単騎先頭に立った。

 実はこのとき、同じレースに出走していた父の岩田康誠騎手がスタート直後に落馬。ほどなくして古川奈穂騎手も落馬し、レース中に2頭ものカラ馬がターフに放たれるという異常事態も発生していた。

 距離がやや離れていたこともあり、先頭にいた岩田望騎手は当初、落馬には気づいていなかったと思われる。しかしその後、カラ馬の一頭が身軽になったこともあってか外側から競りかけ、そのまま先頭を奪うという予想外の展開となった。

 だが、そこで慌てなかった判断もさすが。ペースメーカーよろしくカラ馬に先頭を引っ張らせ、岩田望騎手は2番手にいるビーアイオラクルが、興奮しないよう少し離れて2番手を追走させる。結局そのまま後続を突き放し、カラ馬を前に見ながら先頭でゴールというなんとも珍しい決着となった。

 順調に勝ち星を積み上げ、一見死角なしにも見える岩田望騎手だが、その弱点はずばりビッグレースだ。これまで重賞に計73回出走したものの、残念ながら未だに勝ち鞍はない。

 平場戦ではよく発揮される「思い切りの良さ」が、重賞になるとあまり見られないのではないかということだ。

 もちろん馬の脚質等によって戦法が異なるのは当然のことだが、実は上記の73回のうち岩田望騎手が逃げを選択したことは一度もない。

JRA岩田望来「武豊超え」でも勝てない重賞の壁! リーディングトップ10入りでも「平場専用」なのはなぜなのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】