NEW

JRA 武豊、平地G1「完全制覇」は今年か!? 「今後が楽しみ」ブログでも絶賛した“将来有望”2歳馬がスタンバイ!

【この記事のキーワード】, , ,

JRA 武豊、平地G1「完全制覇」は今年か!? 「今後が楽しみ」ブログでも絶賛した将来有望2歳馬がスタンバイ!の画像1

 先月25日に行われた野路菊S(OP)を制したロン(牝2歳、栗東・石橋守厩舎)が、12月に阪神競馬場で行われる阪神JF (G1)を次走に予定していることが明らかになった。

 新種牡馬シルバーステート産駒でもあるロンは、前走の中京芝2000m戦を、直線で後続を4馬身差突き放して圧勝。勝ち時計も2歳コースレコードの1分59秒8というオマケ付きで、今後の動向が注目されていた。

 また、同馬は新馬戦・野路菊Sの2戦を武豊騎手が続けて騎乗したお気に入り。JRA通算4297勝のベテランは「いい競馬でしたよ。今後が楽しみですね」と、レコード勝ちをおさめた前走を振り返っている。

 そんなロンの主戦である武騎手だが、本望は阪神JFの翌週に同舞台で行われる朝日杯FS
(G1)またはホープフルS(G1)を次走に選んで欲しかったという気持ちもあったかもしれない。

「武騎手は朝日杯FSとホープフルSを勝利すれば、中央競馬平地G1完全制覇を達成することになります」(競馬ライター)

 35年目のベテランである武騎手は、史上初の連覇を含む歴代最多の5勝を挙げている日本ダービー(G1)をはじめ数多くのJRAのG1レースを制してきた。武騎手のJRA・G1計77勝は歴代最多で、これは2位のC.ルメール騎手とはダブルスコアに近い数である。

 それほどG1を何度も制してきたが、未だに勝てていないのが朝日杯FSとホープフルSの2つだ。ホープフルSは4年前の17年にG1へ昇格したばかりで過去2回しか騎乗していないが、朝日杯FSは過去20回騎乗し未だに勝利がない。そのため、「武騎手は朝日杯FSを勝てない」は競馬界の七不思議に挙げられるほどのジンクスとして有名だ。

 当の本人も「そろそろ朝日杯初勝利を挙げたいね」と、スポーツニッポンの取材で答えている。ロンの馬主は武騎手が凱旋門賞で騎乗できるよう欧州の一流馬の権利を買うほど“武豊愛”が強いキーファーズだけに、武騎手の「ジンクス打破」のために一役買ってくれそうだ。ただ、朝日杯FSにはもう1つジンクスが存在する。

「近年、評判の高い牝馬が朝日杯FSに挑むことが多くなってきています。しかし、牡馬の壁に阻まれており、グランアレグリアの3着が最高です。あのグランアレグリアでさえ、朝日杯を勝てませんでした」(同)

 残念ながらロンの次走予定が阪神JFということで、朝日杯FS勝利は持ち越しとなりそうだが、武騎手にはロンの他に出走すれば有力候補になり得るドーブネ(牡2歳、栗東・武幸四郎厩舎)がいる。

 ドーブネはディープインパクト産駒の2歳馬。今年の千葉サラブレッドセールにて5億1,711万円(税込)の同セール歴代最高価格で『株式会社Cyber Agent』代表取締役社長の藤田晋氏に落札された高額馬だ。

JRA 武豊、平地G1「完全制覇」は今年か!? 「今後が楽しみ」ブログでも絶賛した“将来有望”2歳馬がスタンバイ!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?