NEW

JRA「雨模様」の秋華賞(G1)なら激走必至!? ソダシに劣らぬ重適性、前走ドン詰まりでノーマークの「特注馬」が波乱の使者に急浮上

【この記事のキーワード】, ,

JRA「雨模様」の秋華賞(G1)なら激走必至!? ソダシに劣らぬ重適性、前走ドン詰まりでノーマークの「特注馬」が波乱の使者に急浮上の画像1

 17日、阪神競馬場では牝馬のラスト一冠となる秋華賞(G1)が開催される。例年なら京都で開催されるレースだが、今年は阪神が舞台。コースが異なることで、レース展開も変わってくるだろう。

 阪神内回りのAコースといえば、同条件のG1には大阪杯(G1)がある。開催時期は春と秋で同じとはいえないにせよ、頭の片隅には入れておきたい情報だ。

 ちなみに今年の大阪杯は、下馬評でコントレイル、グランアレグリア、サリオスが三強を形成していたが、レースを制したのは4番人気のレイパパレ。2着モズベッロに4馬身の差をつける圧勝だった。

 その一方で、本来のポテンシャルならレイパパレにより格上であったはずのコントレイルやグランアレグリアは、力を発揮できないまま不完全燃焼。重馬場に伸びを欠き、2着に食い込んだ6番人気の「重巧者」モズベッロにすら先着を許してしまった。

 レース後、それぞれの陣営からは「良馬場なら……」というコメントも出たように、「重の巧拙」が明暗を分かつ結果ともなった。

 力通りの決着になりやすい良馬場に比して、適性を問われる道悪ではレースの紛れも出やすいことは確か。それは不良に近い重で行われた今年の凱旋門賞(G1)でも、良馬場のフォワ賞(仏G2)を快勝したディープボンドが凡走したことからも、決して無関係ではないといえるだろう。

 なぜこんな話をするのかというと、今週末の関西地方の天気が流動的な状況となっているからに他ならない。

 14日現在、阪神競馬場のある宝塚市の天気は、土曜が晴れの予報ながら、日曜の降水確率は50%。午前中は良馬場だった大阪杯当日も、午後からの雨で一気に馬場が悪化しただけに、気になるところである。

 そこで、もし馬場が悪化した場合でも、晴雨兼用で狙える馬がいないかと考えた結果、急浮上したのがスルーセブンシーズ(牝3、美浦・尾関知人厩舎)だ。

 今年の秋華賞出走予定馬で、重または不良馬場で開催された芝1800m以上のレースで勝利実績がある馬はミモザ賞(1勝クラス)のスルーセブンシーズと新馬のユーバーレーベンの2頭のみ。

 ただ、ハナ差の辛勝だったユーバーレーベンは、すでにオークス(G1)を制して人気の一角。それなら2馬身半差の楽勝を決めたスルーセブンシーズを評価したい。

JRA「雨模様」の秋華賞(G1)なら激走必至!? ソダシに劣らぬ重適性、前走ドン詰まりでノーマークの「特注馬」が波乱の使者に急浮上のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?