NEW

パチンコ「爆裂機ブーム」で出玉規制…新機種すべてが“リミッター機”となり市場は低迷【CR機の歴史~1998年前編~】

【この記事のキーワード】,

パチンコ「爆裂機ブーム」で出玉規制…新機種すべてがリミッター機となり市場は低迷【CR機の歴史~1998年前編~】の画像1

 ひとたび突入すれば以降、2回の確変継続が約束されるフルスペックタイプのCR機。その後、三洋物産の『CR大工の源さん』といった確変後に時短へ突入するマシンが現れると、爆発力は一気に高まり、それと共にCR機の人気も爆上がりした。

 反面、爆発力の高さは「のめり込み」へ繋がると問題視され、射幸性抑制の一環として規則が改正。最大5回までの確変上限「リミッター」を設けた「新基準CRデジパチ」へと移行することとなった。

 1998年は、デビューする全ての新機種がリミッター搭載機。無論、ホールには旧基準の爆裂機が残っていたものの、徐々に市場が低迷したことは想像に難くないだろう。

 そんな中、各メーカーは「演出」に活路を見出す。大当りまでの道のり自体を楽しませるように、技術の革新が始まったのである。

 西陣の『CRパチンピック』は冬の五輪大会を模したマシンで、4名の選手が金メダルを目指すストーリー。大当り中は各種競技が繰り広げられ、金メダルを獲得できれば確変へ突入する(大当り確率359分の1、確変突入率50%)。

 メタリックな変則5ラインの『CRメタルアーミー』は、ダブルリーチに必ず確変絵柄が絡む配列。SPリーチ発展時は「大砲」や「クラッシュ」などといった攻撃が繰り広げられる(大当り確率は329分の1、確変突入率50%)。

 ニューギンの『CRわくわく探検隊』も上下2ラインの変則ライン機で、上下でのダブルリーチもあり。液晶では男女のキャラによるアクションで期待度が示唆されるほか、背景に宮殿が出現した場合は激アツとなる(大当り確率336.5分の1、確変突入率50%)。

 京楽産業(現・京楽産業.)の『CR柔キッズ』は柔道少女が主人公で、リーチ後はその少女が「押さえ込み」や「背負い投げ」で図柄を停止。図柄回転中における少女通過時のフラッシュ発生はチャンス到来だ(大当り確率336.5分の1、確変突入率50%)。

 月夜をイメージした『CRルナ』は、背景とアクションでスーパーリーチの期待度が変化。高速→停止を繰り返す「クリスタル」と、背景が紫に変化する「スーパーバブル」は期待大となる(大当り確率251分の1、確変突入率13分の6)。

 愛らしい現場作業員が活躍する『CRめぐみ工務店』は、その作業員「土方めぐみ」が重機で大当りを引き寄せるゲーム性。スコップを持って中出目を掘った場合は大当り濃厚だ(大当り確率336.5分の1、確変突入率50%)。

 豊丸産業の『CRデラマイッタ』は大中小と3つのデジタルを搭載した、史上初の潜伏確変機。基本的に通常or確変は中デジタルの数字と色の組み合わせで示唆され、不明時はSPリーチ「ナンバーナイン」が発生するか否かで滞在状態を判別できる。

 このほか、同年には藤商事の『CRポンポコリン』、三洋物産の『CRガリ勉君』、竹屋の『CRスーパージャンパー』などが登場。各メーカーが趣向を凝らした演出を創り出す中、ひとつのマシンの大ヒットによってパチンコ業界の方向性が定まることとなる。

 そのマシンについては、後編で触れるとしよう。

【注目記事】

パチスロ「7万枚事件」に隠された衝撃…「有利区間なしミリオンゴッド」の特殊ブラックアウトも注目!!

パチスロ「ノーマル+ART機」最高峰の完成度! 大ヒットメーカー5号機初のオリジナルコンテンツを振り返る!!

甘デジ『北斗無双』の爆発力で+3万発の大台へ!? 10万発の野望シーズン6も大終盤!!

パチンコ「爆裂機ブーム」で出玉規制…新機種すべてが“リミッター機”となり市場は低迷【CR機の歴史~1998年前編~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合