NEW

JRA 「想像を超える馬になるかも」ディープインパクトの背中を知るトレーナー期待の2歳馬が“出世”レースへ!「ルヴァンスレーヴ級」の可能性秘める根拠とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA 「想像を超える馬になるかも」ディープインパクトの背中を知るトレーナー期待の2歳馬が出世レースへ!「ルヴァンスレーヴ級」の可能性秘める根拠とはの画像1

 16日の東京競馬場では9Rにプラタナス賞(1勝クラス)が行われる。競馬関係者から2歳ダート路線の充実が求められているように、プラタナス賞はこの時期に貴重なダートの2歳1勝クラス戦だ。

 そのため、同レースには毎年ダートに適性を絞った素質馬が出走してくる。そして、近年は18年の最優秀ダートホースに輝いたルヴァンスレーヴや17年UAEダービー(G2)2着のエピカリスなどの活躍馬を輩出するなど、ダート界の出世レースとなっている。

「今年は9頭と頭数は少ないですが、粒揃いのメンバーが揃いました。非常に楽しみな一戦です」と、胸を躍らせている記者もいた。

「私が特に注目しているのは、カズラポニアン(牡2歳、美浦・宮田敬介厩舎)です。昨年のセレクトセールで4400万円(税込)で落札された馬ですが、かなりの好素材だと思います」(競馬記者)

 ヘニーヒューズ産駒の同馬は7月の函館ダート1700mでデビュー。2番手を追走し、勝負どころで騎手の合図に反応して4コーナーで先頭に踊り出ると、直線で後続をグングン突き放す5馬身差の圧勝劇だった。

「良馬場でしたが、1分47秒3の2歳レコードを叩き出しました。この時計は同日の同舞台で行われた3歳未勝利戦より早いです。2歳馬ながら3歳馬並みのパフォーマンスをしていると言ってもいいと思います。

また、これだけ素晴らしいレースをしながら、状態はそこまで良かったわけではないみたいなんですよ」(同)

 鞍上の横山和生騎手は「正直なところ、次かと思っていたんです。トモが緩いですし、精神的にもまだ頼りないのですが、それで勝つんですから、能力はかなりのものだと思います」と、レース後に明かしている。

 そして、カズラポニアンが勝った新馬戦は、ハイレベルなレースとして一部界隈で密かに囁かれているようだ。

「5着だったコパノニコルソンは、後に中京ダート1800mの未勝利戦を2歳レコードで勝っています。また9着のロードジャスティスは未勝利戦を2着・3着と2戦続けて好走していますし、10着のコンスタンティンも先週未勝利戦を勝ち上がりました。

カズラポニアンから大きく離された下位の馬が、これだけ活躍しているのですから、負かした相手を物差しにするとレースレベルも保証されていると思います」(同)

JRA 「想像を超える馬になるかも」ディープインパクトの背中を知るトレーナー期待の2歳馬が“出世”レースへ!「ルヴァンスレーヴ級」の可能性秘める根拠とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?