NEW

JRA「強過ぎた」がために逆風吹いたコントレイル、全弟サンセットクラウドがデビュー、最強の“逃げ馬” が歴史的栄誉と引き換えに遠ざかっていったファンの理想像

【この記事のキーワード】, ,

JRA「強過ぎた」がために逆風吹いたコントレイル、全弟サンセットクラウドがデビュー、最強の逃げ馬 が歴史的栄誉と引き換えに遠ざかっていったファンの理想像の画像1

 芦毛の弟は偉大な兄を超えることが出来るか。

 16日、土曜東京の5R2歳新馬(芝1800m)では、サンセットクラウドが出走を予定している。父ディープインパクト×母ロードクロサイトという血統は、昨年の牡馬クラシックで無敗の三冠を達成したコントレイルの全弟にあたる。

 デビュー戦の鞍上には兄の主戦も務める福永祐一騎手を確保した。栗東の坂路で行われた最終追い切りでは、古馬オープンのダノンファラオに先着と上々の仕上がり。同じくチームノースヒルズだけに、兄弟揃ってのG1制覇に期待が懸かる。

JRA「強過ぎた」がために逆風吹いたコントレイル、全弟サンセットクラウドがデビュー、最強の逃げ馬 が歴史的栄誉と引き換えに遠ざかっていったファンの理想像の画像2

 そんな弟に対し、兄のコントレイル(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)は、秋の2戦を天皇賞、ジャパンCの両G1を予定していることが発表済み。有馬記念(G1)に関しては、「どう考えても得意な条件とは思えないし、そういうレースには出したくない。この2戦で引退します」と、矢作師は説明した。

 だが、年内の引退が決まっていたコントレイルが、暮れのグランプリに一度も出走することなく、現役生活に別れを告げることについて、ファンの賛否が分かれたのも無理はなかった。

 なにしろコントレイルは、2005年に無敗で三冠を達成したディープインパクト産駒でもある。同じ4歳で引退するとはいえ、父は三冠以降にも有馬記念、春の天皇賞、宝塚記念、凱旋門賞など多くのG1レースに挑戦したからである。

 父のイメージを重ねたファンが、仔のコントレイルに対しても同じ路線を進んで欲しいと期待したのは不自然なことではなかっただろう。

 こちらについては、当の矢作師もこれからコントレイルが想像を超えるような成長や可能性を見せてくれればという前提で、凱旋門賞(G1)に挑戦する可能性もゼロではないことを仄めかすコメントもしていたように、当時は満更でもなかったはずだ。

 ただ、大きな期待を背負って出走したジャパンCでは、アーモンドアイの前に完敗。長距離適性を求められる春の天皇賞を避けて大阪杯(G1)に出走したものの、ここでも道悪に泣いた。そして、当初の予定に入っていた宝塚記念(G1)すら、疲れが抜けないという理由で回避せざるを得なくなってしまった。

 そして、コントレイルの凱旋門賞挑戦が絶望的な状況となるどころか、挑戦を決定したのが同じくノースヒルズのディープボンド。この知らせには、どことなく「やはり……」という印象を抱かざるを得なかった。

 他方で、個人的にはコントレイル陣営のこういった方針が、決して悪いことだけではないと考えている。同馬のこれまでのレース内容を振り返ると、力のいるような重い馬場に適性があるようにも感じられなければ、長距離適性も不安を抱えているという陣営の評価に異論はない。

JRA「強過ぎた」がために逆風吹いたコントレイル、全弟サンセットクラウドがデビュー、最強の“逃げ馬” が歴史的栄誉と引き換えに遠ざかっていったファンの理想像のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?