NEW

JRA観戦記ダイワスカーレットVSウオッカ。歴代最高の秋華賞で永遠のライバル激突!

【この記事のキーワード】, ,

【JRA観戦記】ダイワスカーレットVSウオッカの覇権争い。歴代最高レベルの秋華賞(G1)で永遠のライバルが激突!の画像1

 今週行われる秋華賞(G1)は、今年で26回目と歴史はそれほど深くない。

 それでも幾度となく名勝負が繰り広げられてきたレースであり、優勝馬はアーモンドアイ、ジェンティルドンナ、デアリングタクト、アパパネ、ダイワスカーレット、メジロドーベル、ファインモーション、スイープトウショウなど、いずれも日本の競馬史に残る名牝ばかりだ。

 これまで行われた25回の中で「最もレベルの高いレースはどれか」と聞かれれば、それは2007年と断言していい。この年の出走馬は、今後現れないと言っても過言ではないほどの豪華メンバーだったのである。

 この年の3歳牝馬戦線はまさに逸材が揃っていた。

 暮れの阪神JF(G1)を制し、牝馬として64年ぶりに東京優駿・日本ダービー(G1)を制したウオッカ。桜花賞(G1)でウオッカを完封したダイワスカーレット。NHKマイルC(G1)を17番人気で勝利し3連単973万円馬券の立役者となったピンクカメオ、そして優駿牝馬・オークス(G1)を勝利したローブデコルテ。

 G1の勝ち馬は4頭で、その勝利数は5とまさにオールスターが集結。桜花賞やオークスの牝馬二冠優勝馬だけでなく、NHKマイルCや日本ダービーの勝ち馬も含まれているのだから、まさに歴史に残る一戦であったのは間違いない。さらにトライアルを勝ち上がったアルコセニョーラやオークス2着のベッラレイア、夏の上がり馬タガノプルミエールやヒシアスペンなど、ファン注目のメンバーが揃った。

 注目を集めたのはライバルのウオッカとダイワスカーレットだ。

 チューリップ賞(当時G3)でダイワスカーレットを子ども扱いにしたウオッカを、桜花賞でダイワスカーレットが見事な作戦勝ちで抑え、ここまで1勝1敗と互角の成績。感冒でオークスを回避したダイワスカーレットと、牝馬ながら日本ダービーへ挑戦し、見事偉業を成し遂げたウオッカ。JRAの覇権を争う2頭の第3ラウンドに誰もが注目した。

 1番人気は当然のことながら、日本ダービー馬ウオッカで単勝2.7倍。前走の宝塚記念(G1)で敗退したが、古馬の強豪相手であったこと、雨による馬場悪化などが敗因とされており、牝馬同士であれば負けられないと誰もが認識していた。

 そして2番人気は桜花賞とローズS(G2)を制したダイワスカーレットで、単勝は2.8倍とその差はわずか。オークスを回避したものの、トライアルのローズSを難なく勝利しており、順調度で言えば同馬の方が上とみる向きもあった。

 この2頭から差のない単勝3.8倍の3番人気が、武豊騎手のベッラレイア。ただしこの人気は、武豊騎手が騎乗したことが大きく影響したとも言え、実際は多くのファンがウオッカとダイワスカーレットのワンツーフィニッシュをイメージしていたのである。

■2007年秋華賞・出走馬

1番ヒシアスペン
2番ミンティエアー
3番ブリトマルティス
4番ザレマ
5番ラブカーナ
6番カレンナサクラ
7番ピンクカメオ
8番マイネルーチェ
9番アルコセニョーラ
10番ハロースピード
11番ベッラレイア
12番ホクレレ
13番ダイワスカーレット
14番タガノプルミエール
15番クィーンスプマンテ
16番ウオッカ
17番レインダンス
18番ローブデコルテ

JRA観戦記ダイワスカーレットVSウオッカ。歴代最高の秋華賞で永遠のライバル激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?