NEW

秋華賞(G1)アカイトリノムスメ、元JRA安藤勝己氏が期待した「成長曲線」描けず!?

【この記事のキーワード】, ,
秋華賞(G1)アカイトリノムスメ、元JRA安藤勝己氏が予想した「成長曲線」描けず!? 三冠牝馬の仔「初の快挙」も、新たに立ちはだかるジンクスとはの画像1
アカイトリノムスメ 撮影:Ruriko.I

 17日、阪神競馬場では牝馬三冠のラストを飾る秋華賞(G1)が開催される。前評判では札幌記念(G2)で距離の壁を破った桜花賞馬ソダシが一歩リード。これを前哨戦勝ち馬のファインルージュとアンドヴァラナウトなどが追う展開となっている。

 打倒ソダシを狙う有力馬の1頭が、アカイトリノムスメ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 オーナーはソダシと同じ金子真人氏(名義は金子真人ホールディングス)で、春は桜花賞(G1)4着、オークス(G1)2着と、世代上位の実力を見せた。

 父ディープインパクト、母は2010年の三冠牝馬アパパネという超良血の「12冠ベビー」は、金子オーナーの結晶とも呼べる存在。もし秋華賞を勝てば、あるジンクスを覆すことになるだろう。

 そのジンクスとは「三冠牝馬の仔は活躍できない」というもの。しかし、アカイトリノムスメはすでに三冠牝馬の仔として、初の重賞勝利を挙げている。このジンクスは「三冠牝馬の仔はG1を勝てない」に改めても良さそうだ。

 日本の競馬史上、これまで6頭が牝馬三冠を達成している。アーモンドアイは繁殖入りしたばかりで、デアリングタクトは今も現役。それ以外のメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナの仔、計19頭がこれまで中央で走ってきたが、母に匹敵する活躍を見せた馬はいない。

 そんななか、アカイトリノムスメを含めたアパパネの仔たちはかなり健闘している。ジナンボーとラインベックはオープンクラスで、モクレレは準オープンクラスで、それぞれ現役で活躍中だ。

 三冠牝馬の仔としては異例の活躍を見せるアパパネの仔たち。しかし、G1制覇に最も近いのはやはりアカイトリノムスメだろう。秋華賞でジンクスの突破に期待がかかるが、その成長力には一抹の不安があるという。

「春の牝馬クラシック2戦で好走したアカイトリノムスメですが、前哨戦を使わずぶっつけで本番を迎えます。これ自体は近年のトレンドでもあり、気になりません。しかし、木曜日に発表された調教後の馬体重が前走のオークス時と同じ450kgだった点は少し引っ掛かります。

美浦から阪神への長距離輸送もあるため、当日はマイナス馬体重になるかもしれません。馬体重増=成長というわけではないですが、もし当日の馬体重が減っているようなら、あまり成長していない可能性も浮上しそうです」(競馬誌ライター)

 また、競馬界のご意見番「アンカツ」こと安藤勝己氏も、これまでTwitterで何度かアカイトリノムスメの成長を見守ってきた1人だ。

秋華賞(G1)アカイトリノムスメ、元JRA安藤勝己氏が期待した「成長曲線」描けず!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?