NEW

シャフリヤール・エフフォーリア不在のJRA菊花賞。連対馬20頭中19頭が該当する要注意データ!?

日本ダービー馬不在の菊花賞は混戦模様

●今年の菊花賞は何かが違う…

 白毛馬ソダシが注目を集めた秋華賞(G1)が終わり、今週は3歳クラシック最終戦の菊花賞(G1)が行われる。大一番に向けて盛り上がりたいところだが、今年はかなりの混戦模様。皐月賞馬エフフォーリア、日本ダービー馬シャフリヤールが不在であり、3歳最強を決めるレースとは言えない状況にある。主な出走馬はセントライト記念を制したアサマノイタズラ、神戸新聞杯を制したステラヴェローチェ、さらにG1で2着の実績があるオーソクレースとタイトルホルダーなどだが、やはりG1馬が不在というのは物足りなさを感じるところ。その状況は馬券的にも難解であることを意味しており、ファンとしては非常に難しいレースとなった。

 過去の好走馬を見てみると、ある点に目が留まる。この菊花賞で上位に好走しているのは、関西馬や関西所属騎手ばかりなのだ。過去10年で関西馬が9勝、2着は10頭すべてが関西馬、つまり過去10年で2着以内に好走した20頭中19頭が関西馬なのである。唯一の関東馬フィエールマンの勝利も、鞍上は関西所属のC.ルメール騎手。つまりこの菊花賞は、関西馬や関西所属騎手の情報を正確に把握していれば、もはや的中したのも同然なのだ。

 そこでこの菊花賞を的中させるべく、関西馬情報を知りつく競馬界の大御所チェックメイトに注目した。

チェックメイトで活動する元JRA調教師の清水久雄氏

●関西馬が菊花賞で好走する理由

 菊花賞に限らず今のJRAは圧倒的に西高東低だ。ピクシーナイトやソダシは関西馬であり、日本ダービーを制したシャフリヤールも関西馬。コントレイルやオルフェーヴル、ディープインパクトといった近年の三冠馬もすべて関西馬。そして菊花賞に関しても、チェックメイトは興味深いデータを教えてくれた。

 過去10年の菊花賞で上位人気に支持された関東馬は、2019年2人気9着ニシノデイジー、2018年1人気4着ブラストワンピース、2017年3人気6着ミッキースワローなどが馬券に絡めず敗退している。これは衝撃の事実と言っていいだろう。一方で関西馬を見てみると、過去10年で20頭中19頭が2着以内に好走しているが、その中には2020年4人気2着アリストテレス、2019年8人気2着サトノルークス、2018年10人気3着ユーキャンスマイル、2017年10人気2着クリンチャーと数多くの穴馬が激走しているのである。

この事実から言えることは

“菊花賞は人気の関東馬ではなく、人気薄の関西馬に馬券的妙味あり!”

 つまりここで激走する関西馬を把握していれば、この菊花賞はまさに一獲千金対象レースに格上げされるのだ。競馬ファンであれば、このチャンスは絶対に逃したくないところだろう。

 であれば答えは一つだ。菊花賞に出走する関西馬の正確な情報を把握すること、これに尽きる。しかしほとんどの競馬ファンも、そして多くのマスコミもそんな情報を入手できるはずがない。ファンは関係者と接する機会はないし、マスコミも本物の情報を出すことができないから、過去にマスコミノーマークの人気薄関西馬が激走しているのである。

 だが関西馬情報を専門に扱うチェックメイトであれば、ファンやマスコミが入手できない本当の関西馬情報を入手できる。なぜなら彼らは、元JRA調教師の清水久雄氏など、実際に栗東トレーニングセンターで活動していた競馬関係者などが多く所属しているからだ。つまり関西の競馬関係者とは旧知の中であり、包み隠さず本音を明かしてもらえる関係にあるのだ。

チェックメイトの情報力を証明した日本ダービー

 実際に今年の日本ダービーを見てみると、チェックメイトは勝利した4番人気シャフリヤールを本命に指名し、9番人気3着ステラヴェローチェも穴馬に抜擢、馬連だけでなく3連単5万8980円の万馬券も的中させている。これは関西馬のシャフリヤールとステラヴェローチェの勝負情報を完全に把握していたからこその的中であり、チェックメイトの情報力を知らしめたレースだったといえよう。

 そのチェックメイトが日本ダービー以上の手応えを感じているのが、今週行われる菊花賞なのだ。前述の通り菊花賞は、毎年必ずと言えるほど人気薄の関西馬が馬券に絡んでいる。そしてチェックメイトは、今年もその穴馬をすでに把握しているというのだ。しかもそのコメントが非常に興味深い。

アッと驚くような穴馬の勝負話を入手しています。ぜひ期待してください

 この言葉だけで十分だろう。しかもチェックメイトはこの菊花賞情報を、ファンに向けて無料で公開すると発表している。こんなチャンスは二度とないかもしれない。後悔しないためにも、必ずやこの情報をチェックし週末の菊花賞に挑もう。
CLICK→【無料公開!菊花賞・3連単勝負買い目】チェックメイト
※本稿はPR記事です。

シャフリヤール・エフフォーリア不在のJRA菊花賞。連対馬20頭中19頭が該当する要注意データ!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?