NEW

JRA 武豊と「クラシック三冠」を戦った古豪がダート初参戦!近親には種牡馬入りが決まったあの「超大物」など砂の活躍馬多数、なるか驚異の「V字回復」

JRA 武豊と「クラシック三冠」を戦った古豪がダート初参戦!近親には種牡馬入りが決まったあの「超大物」など砂の活躍馬多数、なるか驚異の「V字回復」の画像1

 先週10日に行われた京都大賞典(G2)は、8歳馬マカヒキが復活の勝利。ダービー馬の5年1ヶ月ぶりの白星に、競馬場では大きな歓声と拍手が沸き起こり、ネットの掲示板やSNSも大変な盛り上がりをみせた。

 一方で、同レースでマカヒキと同じく復活のVを目指していたダンビュライト(セン7歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、先頭から0秒7差の9着……こちらは惜しくも2年8ヶ月ぶりの美酒とはならなかったようだ。

 次走は初のダート戦となる、11月の阪神・みやこS(G3)を予定している。

 砂の舞台で再起をかける同馬は、香港のクイーンエリザベス2世C(G1)を勝ったルーラーシップの初年度産駒として、2016年にデビュー。初戦を5馬身差で圧勝すると、続くサウジアラビアRC(G3)では勝ったブレスジャーニーから0秒2差の2着。賞金の積み上げに成功し、翌年のクラシック候補の1頭となる。

JRA 武豊と「クラシック三冠」を戦った古豪がダート初参戦!近親には種牡馬入りが決まったあの「超大物」など砂の活躍馬多数、なるか驚異の「V字回復」の画像2

 年明け2走目の弥生賞(G2)で3着に入り、皐月賞(G1)の優先出走権を獲得すると、2戦目から手綱を執っていたC.ルメール騎手に替わって武豊騎手と新コンビを結成。皐月賞3着、日本ダービー(G1)6着、そして菊花賞(G1)は5着とクラシック三冠を戦い抜いた。

 その翌年、4歳初戦のAJCC(G2)を勝利したものの、同年秋の天皇賞(G1)では返し馬の際に放馬して競走除外になるなど、気性難がネックとなり成績も徐々に低迷。5歳時に京都記念(G2)を優勝したが、いまのところそれが最後の勝ち星となっている。

 19年の暮れにはセン馬になったが勝ちには恵まれず、キャリア初となるダートで新味が引き出せるか注目されるところである。

「ダンビュライトは近親に、デビューから6連勝でチャンピオンズC(G1)を制したクリソベリルがいる血統。同馬は翌年も帝王賞(G1)とJBCクラシック(G1)を優勝した砂の超大物でしたが、喘鳴症のため先日引退、種牡馬入りが決まりました。

ちなみに、両馬はともに音無厩舎の管理馬です。ダンビュライトのダート挑戦が決まった背景には、クリソベリルの引退や、血統的な理由などもあったのかもしれません」(競馬誌ライター)

 なお、同馬の近親はクリソベリルの他にも、JCダート(G1)を勝ったアロンダイトや、ジャパンダートダービー(G1)の覇者クリソライトなど、砂の活躍馬が多数。いきなりの好走も期待できるかもしれない。

 また、既に7歳と高齢の域に差しかかっているが、去勢してセン馬になったことがここにきて吉と出るかもしれない。

JRA 武豊と「クラシック三冠」を戦った古豪がダート初参戦!近親には種牡馬入りが決まったあの「超大物」など砂の活躍馬多数、なるか驚異の「V字回復」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?