NEW

JRA「伝説再現」へ、5億円馬VSシャフリヤール弟がデビュー戦で激突!

【この記事のキーワード】, ,

JRA「伝説再現」へ、5億円馬VSシャフリヤール弟がデビュー戦で激突!の画像1

 どちらも譲る気はないようだ。

 24日の阪神競馬は牡馬クラシックの最終章・菊花賞(G1)が行われる大一番。今年は皐月賞馬エフフォーリア、ダービー馬シャフリヤールが不在と少々寂しいメンバーになりそうだが、充実一途のステラヴェローチェが戴冠なるか注目が集まる。

 その一方で5Rに行われる芝1800mの新馬戦は、いつしか「伝説の新馬戦」と称されるようになった登竜門だ。

「伝説の新馬戦」の起源となったのは、おそらく2008年だろう。

 この年、勝ったアンライバルドは翌年の皐月賞馬となり、3着のブエナビスタは阪神JF(G1)のほかにも桜花賞(G1)とオークス(G1)を制して牝馬二冠を達成。古馬となってからはヴィクトリアマイル(G1)、秋の天皇賞(G1)も勝利した名牝だ。

 さらに4着のスリーロールスは菊花賞を優勝。2着リーチザクラウンはG1こそ勝利することが出来なかったが、日本ダービー(G1)ではロジユニヴァースの2着に入って種牡馬入りしたように、新馬戦ながら超G1級のメンバーが集まるレアケースだった。

 さらに翌年の同レースでは、後にジャパンC(G1)を勝つローズキングダムと、日本競馬初のドバイワールドカップ(G1)制覇を成し遂げたヴィクトワールピサが激突。「伝説の新馬戦」と呼ばれ始めたのは、この頃か。ちなみに昨年も、ここでシャフリヤールがデビューし、日本ダービーを勝って世代の頂点に登り詰めた。

 そんな競馬史にさえ小さくはない影響を与えている一戦で、今年も話題の超良血馬が激突する。

「ようやく態勢が整いつつありますね」

 三冠馬オルフェーヴルを手掛けた池江泰寿調教師が期待をかけるのが、兄に続くクラシック制覇を狙うアルファヒディ(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

JRA「伝説再現」へ、5億円馬VSシャフリヤール弟がデビュー戦で激突!の画像2

 母ドバイマジェスティは皐月賞馬アルアイン、そして今年のダービー馬シャフリヤールを輩出した名牝。父がディープインパクト産駒の兄たちとは異なるハーツクライに変わったが、兄たちの忘れ物「菊花賞」で偉大な母に“三冠”をプレゼントするのであれば、むしろ好都合か。陣営がC.ルメール騎手を手配していることからも態勢は万全だ。

JRA「伝説再現」へ、5億円馬VSシャフリヤール弟がデビュー戦で激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?