NEW

JRA【秋華賞(G1)予想】すんなりソダシ戴冠はない? 「絶望データ」ファインルージュ&ユーバーレーベン切りの6点勝負!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【秋華賞(G1)予想】すんなりソダシ戴冠はない? ファインルージュ&ユーバーレーベン切りの6点勝負!の画像1

 今回は牝馬三冠最後の一冠、秋華賞(G1)を予想したいと思う。

 土曜の府中牝馬S(G2)は先週に続く完敗だった。勝ったシャドウディーヴァはローテーション的に狙っておかしくない馬だった。東京コースでの実績も加味すべきだったか。3着のマルターズディオサはローテーション的に対象外でノーマークだったが、忘れた頃に来るのがこの馬。重賞2勝馬は侮れなかった。

 ということで予想に戻ろう。過去10年で馬券に絡んだ30頭のデータを見ていく。

まずは前走の傾向だが、
ローズS 15頭
紫苑S 6頭
オークス 3頭
条件特別 5頭
クイーンS 1頭
となっている。基本的には前哨戦を使っての参戦となっている。オークス(G1)からの3頭はいわゆるぶっつけ本番だが、この3頭はアーモンドアイ、クロノジェネシス、デアリングタクトで3冠牝馬2頭に今をときめく最強牝馬。このクラスの実力がなければぶっつけで使うのは割引が必要だろう。

次に人気順のデータだが、
1番人気 4-1-1-4
2番人気 1-3-0-6
3番人気 4-0-1-5
4~6番人気 1-4-3-22
7~9番人気 0-1-3-26
10番人気以下 0-1-2-84
となっている。2番人気に比べて3番人気の好走が目立つ。人気薄でも来るには来るが、勝つまでには至らず、というパターンが多い。

 過去5年に絞れば1番人気2-0-0-3、2番人気0-1-0-4、3番人気2-0-1-2で、やはり3番人気の好走が目に付く。特筆すべきは4番人気が3頭、5番人気、10番人気がそれぞれ2頭ずつ馬券に絡んでいる点か。

JRA【秋華賞(G1)予想】すんなりソダシ戴冠はない? ファインルージュ&ユーバーレーベン切りの6点勝負!の画像2
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 これらを踏まえての「◎」は4番ソダシとする。

 ローテーション的に言えば、前走札幌記念(G2)からの転戦で過去10年好走した例がなく、遡ると2009年のブエナビスタが3着(2着降着)に入ったのが直近となるので、この点は割引材料と言える。しかし、この札幌記念でラヴズオンリーユーをはじめ、古馬G1馬を横綱相撲で一蹴した実力は知っての通り。

 今回は断然の人気となっているが、これも単に白毛人気だけでなく前走の裏付けがあっての人気なのは疑いようがない。桜花賞(G1)と秋華賞の2冠を制したのは過去3頭おり、直近では2007年の名牝ダイワスカーレットまで遡ることになるが、ソダシがこのクラスの牝馬になる可能性も込みで本命とする。

「○」は16番ミスフィガロを指名する。

 こちらは前走がトライアルの紫苑S(G3)で、後方からの追い込みで差し届かず0.3秒差の3着。2着とはハナ差の好勝負を演じた。近5年で言えば、紫苑S組は5頭が馬券に絡んでいるなどローテーションは文句なし。

 実績で言えば紫苑Sを勝ったファインルージュの方が格上だが、ここに1つ気になるデータがある。関東馬と関西馬の比較で、過去10年関東馬が1-3-1-66なのに対して、関西馬が9-7-9-81と圧倒的に関西馬有利。紫苑S組で言うと勝ったファインルージュも2着のスルーセブンシーズも関東馬で、やはり割引が必要だろう。その点、本馬は僅差の3着と好戦していることや前記2頭に比べて人気の穴になっているので馬券妙味がある。

JRA【秋華賞(G1)予想】すんなりソダシ戴冠はない? 「絶望データ」ファインルージュ&ユーバーレーベン切りの6点勝負!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?