NEW

JRA【菊花賞(G1)展望】ステラヴェローチェ「道悪」激走後の反動が不安!? 例年は苦戦傾向セントライト記念組も出番あり?

【この記事のキーワード】, ,

JRA【菊花賞(G1)展望】ステラヴェローチェ「道悪」激走後の反動が不安!? 例年は苦戦傾向セントライト記念組も出番あり?の画像1

 24日、クラシック三冠最終戦の菊花賞(G1)が今年は阪神競馬場で行われる。

 距離は例年の京都と同じ3000mだが、阪神のそれは内回りを1周半、コーナーを6度通過し、急坂が2度待ち構えるという非常にタフなコースだ。例年以上にスタミナが問われる展開になる可能性が高い。

JRA【菊花賞(G1)展望】ステラヴェローチェ「道悪」激走後の反動が不安!? 例年は苦戦傾向セントライト記念組も出番あり?の画像2
ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

 春のクラシック2冠を分け合ったエフフォーリアとシャフリヤールが回避し、主役を務めるのは皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)で3着に好走したステラヴェローチェ(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 2歳時はマイルで3戦2勝。唯一敗れた朝日杯FS(G1)でもグレナディアガーズの2着に入って、当初はマイル路線を歩む可能性もあった。

 3歳初戦の共同通信杯(G3)では1番人気に推されたが、他馬より1kg重い斤量も堪えたのか5着に敗退。その後、吉田隼人騎手に乗り替わった皐月賞で6番人気3着、距離が不安視されたダービーでも上がり最速タイの末脚を使って9番人気で3着と、期待を上回るパフォーマンスを発揮した。

 秋は王道トライアルの神戸新聞杯(G2)で始動。1番人気はダービー馬シャフリヤールに譲ったが、不良馬場を味方に直線一気の競馬で菊花賞の最有力候補に名乗りを上げた。

 重賞2勝はどちらも不良馬場で挙げており、馬場が重くなったときの信頼度はピカイチ。ただし朝日杯FSやダービーといった高速競馬にもしっかり対応しているのは心強い。

 凱旋門賞馬のバゴ産駒だけに長い距離もお手の物。父の初年度産駒ビッグウィークは2010年の菊花賞を勝っている。しかし、バゴ産駒が芝2600m以上の長距離レースを勝利したのはそのレースが最初で最後。同条件では通算「1-2-0-27」なので、長すぎる距離は逆に疑う余地もあるだろう。

 1週前追い切りでは軽快な動きを見せたが、前走が不良馬場での激走。そこから中3週での長距離戦で、見えない疲れが自慢の末脚を鈍らせる可能性もはらんでいる。

 打倒ステラヴェローチェに燃えるのは、セントライト記念(G2)経由で参戦する3頭の関東馬だ。

 セントライト記念組の菊花賞成績は過去10年で「1-3-2-46」とやや苦戦傾向にあるが、今年は中山同様にゴール前に急坂がある阪神開催のため、例年以上に直結する可能性も考えておきたい。

JRA【菊花賞(G1)展望】ステラヴェローチェ「道悪」激走後の反動が不安!? 例年は苦戦傾向セントライト記念組も出番あり?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?