NEW

JRA 武豊「話題のディープインパクト産駒」まさかのタイムオーバー最下位デビューに呆然……ドキュメンタリー「連載」は厳しいスタートに

【この記事のキーワード】, , ,

JRA 武豊「話題のディープインパクト産駒」まさかのタイムオーバー最下位デビューに呆然……!? ドキュメンタリー「連載」は厳しいスタートにの画像1

 やはり本領を発揮すれば力が違ったか。

 16日、阪神競馬場で行われた2R・2歳未勝利(芝1200m)は、1番人気のデュガ(牡2歳、栗東・森秀行厩舎)が圧勝。大ヒット競馬アプリ『ウマ娘』の藤田晋オーナーの“デビュー戦”を任された期待馬が待望の初勝利を手にした。

「今までで一番集中できていた」

 レース後、鞍上の武豊騎手がそう振り返った通り、この日が4度目のレースとなったデュガは終始落ち着いていた。ゲートもしっかりと飛び出して、ダッシュをつけてハナへ。実力馬が主導権をあっさり奪ったところで勝負あったか。最後は2着に4馬身差をつける楽勝だった。

「いきなりオープンのフェニックス賞でデビューを迎えたことで話題を呼んだ馬。そこで3着に好走すると、そのまま小倉2歳S(G3)にも出走するという、いかにも森秀行厩舎らしいキャリアのスタートでした。

重賞でも4着に好走している馬ですから、未勝利戦出走はある意味反則のようなもの(笑)。最後までノーステッキでしたし、ここでは力が違いましたね。他馬を気にするところがあるので、あっさりハナに立てたこともよかったと思います。前走は適性を見極める意味でダート1400mに出走して敗れましたが、距離はやはり1200mが良さそうです」(競馬記者)

 レース後「返し馬ができて、ハナに行くことができて、突っ張らずに走っていた。こうなれば力が違いましたね」と話した武豊騎手は、凱旋門賞(仏G1)からの帰国後初勝利。10日間の隔離期間を経ての復帰だけに「競馬に飢えていた」と意欲は十分だ。

 一方、そんな武豊騎手でも打つ手がない大敗を喫してしまったのが、この日の5Rでデビュー戦を迎えたゲーテ(牡2歳、栗東・武幸四郎厩舎)だった。

 芝1800mのレースでスタートを決めたゲーテだったが、武豊騎手が懸命に促すもズルズルと後退……。集団にまったくついて行けないまま、前の馬から大差の最下位でゴールした。

「雑誌『GOETHE』(幻冬舎)の取材が縁で命名された話題のディープインパクト産駒でしたが、能力がどうかというよりは、まだまだ仕上がり途上。今回は馬にまったく走る気がなかったように見えました。幸か不幸か、JRAからタイムオーバーによる出走停止処分が下っていますし、その時間を利用した立て直しに期待したいですね」(同)

 昨秋、武豊騎手のオーダーメイドの鐙(アブミ)を制作する企画を特集したのが『GOETHE』だった。その時たまたま武豊騎手に連絡したキーファーズ代表の松島正昭氏が、自身の所有するディープインパクト産駒に「ゲーテ」と命名することを快諾したのだ。

「実は、デュガの藤田オーナーが馬主になる決め手になったのも、今年春に『GOETHE』で行われた武豊騎手との対談企画でした。そういった意味では、デュガとゲーテで明暗が分かれる結果になってしまいましたね」(別の記者)

 武豊騎手、そして松島氏との縁もあり、すでに競走馬ゲーテ号のドキュメンタリー連載を始めている『GOETHE』。キャリアのスタートは想像以上に厳しいものとなったが、後の“大逆転”を描く物語としては、決して悪くない序章に違いない。

(文=銀シャリ松岡)

<著者プロフィール>
 天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

JRA 武豊「話題のディープインパクト産駒」まさかのタイムオーバー最下位デビューに呆然……ドキュメンタリー「連載」は厳しいスタートにのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】