NEW

JRA【富士S(G2)展望】ダノンザキッドVSソングライン!近年屈指の好メンバー集結も“最強”3歳世代がマイル界も制圧へ!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA【富士S(G2)展望】ダノンザキッドVSソングライン!近年屈指の好メンバー集結も最強3歳世代がマイル界も制圧へ!?の画像1
ダノンザキッド 撮影:Ruriko.I

 2020年にG3からG2に格上げされた富士S(G2)が23日、東京競馬場で行われる。

 注目は2018年に生まれた3歳世代だ。夏の札幌記念(G2)で牝馬ソダシが古馬を完封。スプリント路線では、ピクシーナイトがスプリンターズS(G1)を完勝するなど、早くも“最強世代”との呼び声が高い。マイル界制圧も視野に2頭の3歳馬に古馬撃破のチャンスがある。

 1頭目は、今年の皐月賞(G1)で1番人気に支持されたダノンザキッド(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。デビューから1800~2000mを使われてきたが、マイル路線に舵を切ってきた。

 昨年暮れのホープフルS(G1)で2歳王者に輝き、世代のエース格と呼ばれたダノンザキッド。3歳初戦の弥生賞(G2)を取りこぼし、3着に敗れた。続く皐月賞では15着に大敗し、その後は日本ダービー(G1)を目指していたが、直前に骨折が判明し、休養に入っていた。

 傷が癒えて迎える半年ぶりの実戦は古馬との混合戦。前半3ハロン35秒8までしか経験がないだけに、ペースアップした時に脚を溜めながら追走できるかがカギとなる。

 故障明けだけに、やはり気になるのはその状態面だろう。9月中旬に栗東に帰厩後は、坂路とコースを併用して乗り込まれてきた。安田隆師は「春とは全く違う状態」と成長をアピール。実際、1週前追い切りでは、栗東CWで6ハロン79秒台という猛時計をマークしている。

 ダノンザキッドは「短距離王国」安田隆厩舎の魔力でマイル王へ華麗なる転身を遂げられるか。注目の復帰戦を迎える。

JRA【富士S(G2)展望】ダノンザキッドVSソングライン!近年屈指の好メンバー集結も最強3歳世代がマイル界も制圧へ!?の画像2
ソングライン 撮影:Ruriko.I

 2頭目の有力3歳馬が今年5月のNHKマイルC(G1)で2着に入ったソングライン(牝3歳、美浦・林徹厩舎)だ。秋華賞(G1)には目もくれず、マイル路線で再び古馬に挑戦する。

 前走の関屋記念(G3)は、51kgの斤量も手伝って単勝1.8倍の断然1番人気に支持された。しかし、レース序盤の不利もあり、結果は古馬2頭に先着を許す3着。それでも勝ち馬とは0秒2差と力を示した。

 重賞は未勝利だが、NHKマイルCでシュネルマイスターとハナ差の惜敗。ライバルが毎日王冠(G2)を制したなら、この馬も大威張りできる。マイル実績という点で信頼度はダノンザキッド以上かもしれない。

 不安があるとすれば、2000年に距離が現行の1600mになって以降、3歳牝馬は「0-0-0-4」。すべて2桁着順と苦戦していることくらい。古馬・牡馬を破ってマイルCS(G1)の有力候補へ名乗りを上げられるだろうか。

JRA【富士S(G2)展望】ダノンザキッドVSソングライン!近年屈指の好メンバー集結も“最強”3歳世代がマイル界も制圧へ!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?