NEW

元JRA藤田伸二「自信過剰」吉田隼人にイラッ!? 秋華賞(G1)本命ソダシ声援も実らず…… 騎乗フォームにも「岩田じゃないんだから」とダメ出し

【この記事のキーワード】, , ,
元JRA藤田伸二「自信過剰」吉田隼人にイラッ!? 秋華賞(G1)本命ソダシ声援も実らず…… 騎乗フォームにも「康誠じゃないんだから」とダメ出しの画像1
吉田隼人騎手 撮影:Ruriko.I

 17日、阪神競馬場で開催された秋華賞(G1)は、4番人気のアカイトリノムスメがゴール前で抜け出して優勝。名牝アパパネの娘が見事、最後の一冠で親子制覇を成し遂げた。

 一方、同じ金子真人オーナーが所有するソダシは直線で伸びを欠き、まさかの10着。単勝オッズ1.9倍の断然1番人気を裏切る結果となった。

 この大敗を受け、騎乗した吉田隼人騎手は「ファンの皆さんの気持ちに応えられず、申し訳ない気持ちです」とコメント。まさかの大敗にショックを隠せなかった。

 そしてこの吉田隼騎手の騎乗に物申したのが元JRA騎手の藤田伸二氏だ。

 藤田氏はこの日、15時から自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を敢行。ファンの質問に答えながら、お酒の力も借りていつも以上に上機嫌で配信は進行した。

 もちろんレース前には秋華賞の予想を披露。本命に抜擢したのは白毛馬ソダシだった。「とりあえずソダシが強いだろうっていうのをもう認めよう」と切り出した藤田氏。その後も、「ソダシは別格」、「隼人を信用して馬単1着流しで……」と、桜花賞(G1)に続く二冠獲得を信じて疑わなかった。

 そして迎えた発走時間。ソダシが好スタートを切り、好位にとりつく場面を見届けると「もうこの時点で隼人は『はい、十二分』と思ったと思う」と理想の位置を確保した後輩の心理を読んでみせた。

 レース中盤を迎え、1分1秒2という1000m通過ラップを聞いた藤田氏。『ちょっと遅いね。ソダシもう楽勝するかも』と早くも勝利を確信しながらも、テレビ画面に目をやった次の瞬間、藤田氏の表情が一気に曇り、こう言い放った。

「隼人!? まだはいーって(早いって)!おまえ、エイシン(ヒテン)は相手じゃねーんだって!なんで後ろから来る馬待たねーんだよ!」

 この時点でソダシは特に後ろからプレッシャーをかけられたわけではなかったが、吉田隼騎手はスパートをかけ、エイシンヒテンに並びかけにいく積極的な競馬を見せた。結果的に、これが響いたのか、ソダシは直線で失速。オークス(G1)以来となる黒星を喫した。

元JRA藤田伸二「自信過剰」吉田隼人にイラッ!? 秋華賞(G1)本命ソダシ声援も実らず…… 騎乗フォームにも「岩田じゃないんだから」とダメ出しのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】