NEW

JRA秋華賞(G1)で繰り返された25年前の悪夢、吉田隼人「やなとこ出してきたな」ソダシ惨敗の予兆はあった!?

【この記事のキーワード】, , ,
JRA吉田隼人「やなとこ出してきたな」ソダシ惨敗の予兆は確かにあった!? 秋華賞(G1)で繰り返された25年前の悪夢の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 白毛のアイドル・ソダシフィーバーで盛り上がった今年の秋華賞だったが、牝馬ラスト一冠を制したのは三冠牝馬アパパネの仔アカイトリノムスメ。紅白対決ともいわれた決戦の舞台で、両親合わせて12冠の超良血馬が待望の初G1タイトルを手に入れた。

 これに対し、まったくいいところなく10着に敗れたのが、主役であるはずのソダシ(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)だ。3着以内に4番人気アカイトリノムスメ→2番人気ファインルージュ→3番人気アンドヴァラナウトが入ったように、上位人気馬が実力通りの走りをした順当決着の中、ソダシのみが大きく崩れる惨敗を喫してしまった。

 単勝オッズ1.9倍の圧倒的1番人気に支持されながら、これは不完全燃焼ともいえる結果というよりない。

「イメージ通りの競馬は出来たのですが苦しくて走れませんでした。楽なペースだったのですが、今日は、いつもの感じではありませんでした」

 デビューからコンビを組み続ける吉田隼人騎手でさえ、レース後のコメントでパートナーの異変を感じていた敗戦。本来の実力を出し切れていれば、ここまでの大敗とならなかったのではないか。

JRA吉田隼人「やなとこ出してきたな」ソダシ惨敗の予兆は確かにあった!? 秋華賞(G1)で繰り返された25年前の悪夢の画像2
吉田隼人騎手 撮影:Ruriko.I

「ファンの期待に応えられず申し訳ない気持ちです。ずっと競馬を使ってきて、今日はポケットから出たくなかったり、ゲートを苦しがるそぶりがあったり、競馬を嫌がるそぶりがあったかもしれません」

 吉田隼騎手がそう振り返ったように、この日のソダシはレース前から冷静さを欠いていたようにも見える。

「やなとこ出してきたな……動け、固まっちゃったよ、ほらぁ行くぞ。固まっちゃった……」(一部抜粋)

 カンテレ競馬【公式】のYouTubeライブ配信では、待機所で吉田隼騎手が促しても微動だにしないソダシの姿が映されていた。そしてレースに気持ちが向かっていなかったこの精神状態も、おそらくゲートにぶつけて歯が折れたといわれる流血の一因となった可能性もある。

「直前に行われた西宮S(3勝クラス、芝1800m)の上がり3ハロンが34秒2に対し、秋華賞(芝2000m)のそれが36秒5だったように、タフな流れだったことは確かです。ただ、前後半1000mのラップは61秒2-60秒0とペース的にはスロー寄りの展開。吉田隼騎手のコメントからも、舞台が異なるとはいえ、2000mを克服した札幌記念(G2)より楽な流れでした。

ゴール前で抜け出して止まったところを、後続に交わされたならまだ分かりますが、逃げたエイシンヒテンすら交わせないのでは……。距離が長かったというより、本来の走りではなかったと考える方が自然な気もしますね。一部では『マイルに戻すべき』や『ダートに転戦してみては?』といった声も出ていますが、まだその段階ではないと思います」(競馬記者)

JRA秋華賞(G1)で繰り返された25年前の悪夢、吉田隼人「やなとこ出してきたな」ソダシ惨敗の予兆はあった!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】