NEW

JRA泥沼「9連敗」川田将雅の苦しい秋!? 本格化するG1戦線前に連敗トンネル突入の気配

JRA泥沼「9連敗」川田将雅の苦しい秋!? 本格化するG1戦線前に連敗トンネル突入の気配の画像1

 上半期の絶好調はどこへやら……。

 9月から始まった秋のG1シリーズは、スプリンターズS続いて秋華賞も終了。今週末には牡馬クラシック最終章となる菊花賞の開催が予定され、翌週には秋の天皇賞も控えている。

 まさに秋のG1戦線本格化を感じられる時期だが、もうひとつ調子が上がってこないのは日本が誇るトップジョッキーの一人、川田将雅騎手だ。

 17日の開催を終えて全国騎手リーディングは、155勝を挙げてトップを独走するC.ルメール騎手に次ぐ2位につけている。35勝の大差をつけられながらも、最高勝率騎手のタイトルだけは譲れないと、ルメール騎手の.247を上回る.281をキープ中。秋の重賞戦線でも頼りになる存在のはずだった。

 しかし、8月末の新潟2歳S(G3)をセリフォスで優勝してからは、重賞の成績が急降下。気がつけば翌週の新潟記念(G3)から先週の秋華賞(G1)まで9連敗。1番人気で敗れたレースの中には、京成杯AH(G3)グレナディアガーズ3着、オールカマー(G2)レイパパレ4着、スプリンターズS(G1)ダノンスマッシュ6着もあったように、人気を裏切るケースも目立ち始めた。

 これに対し、春の川田騎手が驚異的な活躍をしていたことも思い出したい。1月から6月の期間で挙げた重賞勝ちはなんと11勝。ルメール騎手の8勝、福永祐一騎手の5勝と比べてみても、勝利数と勝率で大きく差をつける独走劇を演じた。

 特に8番人気ダノンキングリーでマイルの絶対女王グランアレグリアを破った安田記念(G1)などは、川田騎手の「神騎乗」がもたらした大金星ともいえるだろう。

 ところが、夏競馬では2勝したものの、秋の不振で勝ち数は足踏み。今となってはルメール騎手に13勝で並ばれ、福永騎手にも4勝差まで詰められてしまった。

JRA泥沼「9連敗」川田将雅の苦しい秋!? 本格化するG1戦線前に連敗トンネル突入の気配の画像2

「距離や条件に恵まれないなど、敗因は様々ありそうですが、結果だけを見るとスランプのような成績が続いています。本人もこれからの巻き返しに燃えていると思いますが、状況的に苦しいかもしれません。

なんといってもラヴズオンリーユーでのアメリカ遠征も控えています。帰国後の隔離期間なども考慮すると、復活はそう簡単ではなさそうです」(競馬記者)

 本人も待ち望んでいたアメリカ遠征を前に、まずは菊花賞(G1)を何とかしたいところ。牝馬のラスト一冠・秋華賞では、断然ムードだったソダシがまさかの惨敗を喫した。ステラヴェローチェの1番人気が予想される菊花賞だが、皐月賞馬エフフォーリア、ダービー馬シャフリヤールが不在ならチャンスはありそう。

 レッドジェネシスとのコンビで、川田騎手は2010年ビッグウィーク以来となる11年ぶりの勝利を挙げられるだろうか。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA泥沼「9連敗」川田将雅の苦しい秋!? 本格化するG1戦線前に連敗トンネル突入の気配のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】