NEW

JRA 鮫島克駿「申し訳ないです」リスグラシューの助手が認めた素質馬に不幸な「ハプニング」が連続発生!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA 鮫島克駿「申し訳ないです」リスグラシューの助手が認めた素質馬に不幸な「ハプニング」が連続発生!?の画像1

 17日、新潟競馬場の1Rでダート1200mの2歳未勝利戦が行われ、丹内祐次騎手の1番人気イチゴキネンビ(牡2歳、美浦・小桧山悟厩舎)が勝利。

「直線で抜け出してからもまだまだ余力がありました。強かったですね」と、レースを振り返った丹内騎手。ある意味、珍名馬に近い馬名だが、今後の走りにも注目したい1頭だ。

 一方、謝罪の言葉を述べたのが鮫島克駿騎手だ。レース後に残したのは「申し訳ないです」というコメント。鮫島駿騎手が騎乗したのは、2番人気のカフジペンタゴン。一体何があったのだろうか。

 関東馬8頭と関西馬6頭で争われた一戦。2枠2番のカフジペンタゴンは勢いよくゲートを飛び出すと、道中はラチ沿いの好位3・4番手を追走し、脚を溜める。その甲斐があってか、手応え十分な状態で直線を迎える。

 だが、道中でインを進んでいたカフジペンタゴンは、外から被せられてしまい進路が無くなってしまう。わずかながらも空いていた逃げ馬の内を狙うも、実況アナウンサーに「カフジペンタゴン狭い!」と、言われてしまうほど抜け出すにはスペースが狭く“ドン詰まり”の状況になってしまった。

 残り100mを切ったところで、ようやく進路を確保したが、既に手遅れ。3着馬から3馬身半ほど離された4着に終わった。

「鮫島駿騎手が『最後は進路が見つけられず、コース取りに失敗しました』と、騎乗ミスを認めました。

直線の進路取りがスムーズに出来ていれば、突き抜けていたかもしれないだけに、またも不完全燃焼ともいえるレースとなってしまいました」(競馬記者)

 記者が「またも」と話したのは、カフジペンタゴンに起こったアクシデントは、今回だけではなかったからである。

「前走でも気の毒な形で競走中止になってしまいましたからね……」(同)

JRA 鮫島克駿「申し訳ないです」リスグラシューの助手が認めた素質馬に不幸な「ハプニング」が連続発生!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】