NEW

パチスロ『ジャグラー』一撃7000枚の衝撃!異常な大連チャン…その理由とは!?

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ『ジャグラー』一撃7000枚の衝撃!異常な大連チャン…その理由とは!?の画像1

 2007年に5号機としては初のリリースとなった北電子『アイムジャグラーEX』。

 自店ホールに設置されてからは2年以上が経過していたと思うが、ある日の新台入替初日の営業中のこと…突如あり得ないような異常な連チャンが続いた。

 設定はともかく2000枚くらいまでは何とも思わなかったのだが、止まる気配は全くない。

 結局1時間足らずで3000枚超え。その後も狂ったかのような連チャンは止まらず、2時間が経過した頃に積み上がったドル箱は7つ。吐き出されたメダルも約7000枚を超える程になり本人は勿論のこと、周囲も「壊れた!?」等とざわつき始めていた。

 丁度その頃ホールに出勤した上長に状況報告をすると、事情を話しお客さんには止めてもらうことに。全く不満の言葉がなかったのは幸いだった。

 おそらく、お客さんも“異常”を察知していたのだろう。毎日のように来られてはジャグラーしか打たない常連客だっただけに、快く理解を示してくれたのである。

 さて。そのジャグラーの挙動というのがボーナス終了後にクレジット内の数Gで連チャンをし、それを繰り返すというもの。正に2、3号機時代の爆裂連チャン機と化した“裏モノ”を彷彿させるような動きだった。

 もちろんその常連客に怪しい箇所は一切ない。その方は入店すると2~3000円ずつお金を入れて、当らなければ台移動するという行為を繰り返す。その日も同じで当該機に座ったのは4台めで、それまでは空き台だったことが録画映像で確認できたのだ。

 一体、全体何が起こったのか…!? 

 思い当たるフシはすぐに浮かんだ。

 新台入替の晩のこと。その日は入替台数も多かったため、そういった際にお願いしている設置業者を呼んでいたのだ。しかし、その中に見慣れないメンツがいたのである。

 そして録画映像を確認していたところ、やはりその人物に“不審な動き”があったのだ。

パチスロ『ジャグラー』一撃7000枚の衝撃!異常な大連チャン…その理由とは!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合