NEW

パチスロ「余裕で2万枚」を叶える条件?「711枚を狙い撃ち」できた鬼アツ4号機!!

【この記事のキーワード】,

パチスロ「余裕で2万枚」を叶える条件?「711枚を狙い撃ち」できた鬼アツ4号機!!の画像1

 数あるパチンコ・パチスロ台の中から、個人的に印象に残っている機種を取り上げさせていただく本コラム。今回は711枚の大量獲得機についてお話しさせていただきます。

 大量獲得機といえば、「1G連」で一世を風靡した初代『吉宗』を思い浮かべる方も多いでしょう。ビッグ中の7揃いに歓喜したことは、私も鮮明に覚えております。

 他に活躍していたマシンとして『主役は銭形』も外せません。チェリーでのRT短縮や3G連、当ればビッグボーナスとなる激熱「タイプライター予告」など、打ち手をワクワクさせてくれる秀逸なマシンでした。

 そんな同タイトルといえば、今年12月に新台『S主役は銭形3』が導入されると発表され話題となりました。今作は1Gあたり純増約6枚のAT機となっており、初代を彷彿とさせる約711枚を獲得可能なボーナスも搭載されています。

 通常時も初代のゲーム性を踏襲したゲーム性を採用。レア役成立時には、CZ発動までのゲーム数を短縮する抽選が行われる仕様です。CZ「デカ魂」はボーナス期待度55%オーバーとなっており、ルパン一味を一人でも逮捕できればボーナス確定。演出に3回成功or3回失敗するまでCZが続くというゲーム性となっています。

 6号機として登場した『吉宗3』は、約711枚を獲得できるボーナスを武器に好反響を得ていました。それと同様に、初代の良さを取り入れた『S主役は銭形3』にも、大きな期待を抱かずにはいられません。デビュー予定の12月が待ち遠しい限りです。

 さて、そろそろ本題に入らせていただきますが、今回のピックアップ機種は『吉宗』でも『主役は銭形』でもございません。これら2大マシンをも凌駕する爆発力を秘めた爆裂機。711枚を「狙い撃ち」することも可能だった激アツ4号機です。

 設定6の機械割は約130%とも言われていた『キングオブマウス』をご紹介させていただきます。

 本機は約711枚を獲得できるビッグボーナスと、レギュラーボーナスのみで出玉を増やしていくオーソドックスなゲーム性。いくつかのモードが存在し、連チャンモードに移行すれば260G以内にボーナスが放出される仕様でした。

 フリーズ発生時は最上位となる「キングループモード」突入の大チャンス。ここでは80%でボーナスが連チャンするという破格の恩恵を手にすることができます。出現率はかなり低かった印象で、私は一度として引くことができずに撤去されてしまいました。

 この他にもボーナス終了後3~4Gでボーナス放出となる即連モードなど、爆裂要素が満載。ホールで万枚を目撃することも珍しくなかった印象です。大量獲得機として相応しい活躍を見せていましたが…。

 本機の魅力はそれだけではありません。冒頭でも申し上げたように「ある条件」を満たした場合に、711枚の大量獲得ビッグボーナスを「狙い撃ち」できるという夢のような仕様だったのです。

パチスロ「余裕で2万枚」を叶える条件?「711枚を狙い撃ち」できた鬼アツ4号機!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合