NEW

JRA「18万馬券」驚愕の的中! ダービー馬5年ぶり復活にこれだけの「必然」識者が語った裏事情

【この記事のキーワード】, ,
JRA マカヒキ復活「予見」で三連単1805.1倍的中!? 5年ぶり勝利にこれだけの「必然」関係者が語った裏事情とはの画像1
約5年ぶりマカヒキ「劇的復活」の内情に迫る

 歓喜の瞬間に阪神競馬場が沸いた。

 10月10日、秋競馬の開幕を迎えた阪神競馬場では京都大賞典(G2)が行われ、2016年のダービー馬マカヒキが、約5年の時を経てまさかの復活勝利。レースを現地で見守ったファンはもちろんのこと、ネット上でも「おめでとう!」という声にあふれた。

 ただ、そういった歓声の大半が「馬券はハズレたけど、いいレースを観た」というもの。残念ながら、自分の馬券はハズレてしまったが、マカヒキ復活の“観戦料”になったから満足というものだ。

 それもそのはず。冒頭でもふれた通り、マカヒキは2016年秋にフランスのニエル賞(G2)を勝って以来、17連敗中……約5年も勝利から遠ざかっており、2019年2月の京都記念(G2)から約2年半、馬券に絡んだことさえない。すでに8歳の秋を迎えており、普通に考えれば、あとは引退の声を待つばかりといった状況だったからだ。

 だが、それはあくまで一般的な競馬ファンの馬券の話だ。実際にマカヒキは、前走の天皇賞・春(G1)で単勝98.4倍、前々走のジャパンC(G1)に至っては単勝226.1倍だったにもかかわらず、この京都大賞典では単勝32.1倍と明らかに期待値が上がっている。

 言い換えれば、マカヒキの馬券を買い、その復活を予見していた人が少なからずいたということだ。

 大スランプに陥っているはずの馬の馬券が、あるレースで突然売れ始め、しかも申し合わせたかのように激走する――。競馬ファンにとっては珍しくない光景だが、これらの多くは決して偶然ではない。

 そこには明らかな「意思」と「確信」を持って馬券を購入している「プロ」の存在が見え隠れしているからだ。

「正直、8歳という年齢を考えれば本命に据えるかは迷いました。ただ、前日の阪神の馬場コンディションを見て、最終的にマカヒキを本命にすることができました」

 そう語るのは敏腕のプロ馬券師が集まる穴馬予想専門サイト『穴党ピカイチ』の関係者だ。

 実際に『穴党ピカイチ』はマカヒキが復活勝利をあげた京都大賞典で三連単1805.1倍を的中。5年も勝利から遠ざかっていたマカヒキを本命にし、約20万馬券を的中させているのだ。

JRA マカヒキ復活「予見」で三連単1805.1倍的中!? 5年ぶり勝利にこれだけの「必然」関係者が語った裏事情とはの画像2
マカヒキは何故、復活できたのか。プロだけが知る裏事情とは

 確かにレース前には、マカヒキを管理する友道康夫調教師から「若い馬にも負けていない。力の衰えはないと思う」という力強い言葉があった。

 しかし、こういった関係者の発言はファンや馬主に向けたリップサービスであることも珍しくない。実際に17連敗していた中でも陣営は常に前向きな発言を繰り返しており、今回だけを鵜呑みにするのは、さすがに無理がある。

「実際に普段のマカヒキの調教を見ていないと、自分でジャッジすることは難しいでしょうね。ただ、今回のマカヒキの状態は『本当』によかったですよ。

具体的には、1週前追い切りでこの京都大賞典に出走したヒートオンビートと、同日の毎日王冠(G2)で有力候補の一角(4番人気)だったポタジェと併せ馬を行ったマカヒキですが、素晴らしい動きで併入しています。

それなのにフタを開けてみればヒートオンビートが2番人気で、マカヒキは9番人気。穴党の競馬ファンの方々から支持されている弊社としては当然、マカヒキに注目しますよ。

一般の競馬ファンの方々は、前走や前々走の結果を見て予想されていると思いますが、戦績はあくまで過去の話ですからね。大事なのは『今』、その馬がどういう状態なのかということでしょう」(穴党ピカイチ関係者)

 たしかに穴党ピカイチ関係者の話は、競馬における「正論」だ。しかし、状態の良い馬が必ず勝つわけではないのが競馬の難しいところ。相手関係やレースの条件によって、着順は大きく左右される。

「マカヒキの状態を見て、我々は間違いなく『買い』という結論に至ってはいたのですが、以前に我々が好感触を得ていた一昨年のジャパンCでは、相手が強いこともあって4着(12番人気)と、あと一歩の内容でした。

ただ、今開催の阪神の芝コースは開幕週から時計が掛かっていたんですよね。

3歳秋のニエル賞の勝利後、今回を除けばマカヒキが馬券に絡んだのは3回。その内2回が実は時計が掛かる稍重の馬場だったんです。つまり、時計が掛かる今の阪神はマカヒキにとって絶好の馬場コンディションということ。実際に先ほどお話しした一昨年のジャパンCも重馬場でしたしね。

メンバー的に4着だった一昨年のジャパンCよりは明らかに楽ですし、『状態』に加えて『馬場コンディション』も噛み合っている。最終的にマカヒキを単なる相手候補ではなく、本命にした理由を簡単にお話しするとこういった感じです」(同)

JRA マカヒキ復活「予見」で三連単1805.1倍的中!? 5年ぶり勝利にこれだけの「必然」関係者が語った裏事情とはの画像3
一般の競馬ファンには明かされない「現場の生情報」

 毎月100本以上の的中本数を誇る『穴党ピカイチ』には、有数の腕利き馬券師が所属しているが、その多くが大物といわれる関係者とのコネクションを持っているという。長年培ってきた「荒れるレース」を読み解く力だけでなく、そういった関係者経由の「現場の生情報」が高確率の馬券的中に繋がっているというわけだ。

 ただ、その一方でサイトに掲載されていた京都大賞典の合計獲得金は54万1530円と、マカヒキの復活を見抜いて三連単1805.1倍を的中させたにしては控えめな数字だ。計算上は1点300円しか買っていないということになる。

「実は『穴党ピカイチ』を利用されている会員様には、1レースの馬券代は原則5000円までとさせていただいています。というのも、競馬は馬券を当てた人がみんなの馬券代を山分けするオッズゲームですから、あまり大きな金額を賭けてしまうと配当が下がってしまい、他の一般の的中者の方々にご迷惑が掛かるからです。

弊社は会員様に馬券を通じて利益をお届けすることを目的としていますが、一般の競馬ファンの方々にご迷惑をお掛けするような独占的な的中配当は望んでいません。たまに『もっと大きな金額で買わせてほしい』というお声を頂戴することもありますが、それは弊社に情報協力していただいている関係者の方々の『できるだけ多くの人に競馬を楽しんでもらいたい』という意思に反することですのでお断りしています」(同)

 話を聞けば聞くほど『穴党ピカイチ』の情報力の高さや、そのスタンスに惚れ惚れするばかりだが、競走馬という生き物が走る以上「絶対に当たるというわけではない」と前置きされた。

 ただ、控えめな利益とは言ったものの、投資5000円で54万1530円の払い戻しなら実質100倍以上と、その破壊力はさすが「穴党」を語るだけのことはある。

 気になる会員になる方法だが、公式サイトにアクセスしてメールアドレスの登録など簡単な手続きを終えるだけで良いという。また、初回の重賞5点予想は「無料」というのだから、それだけでも十分な価値があるだろう。

 マカヒキの復活は、たしかに我々競馬ファンを感動させた。しかし、そこに三連単1805.1倍という馬券的中が伴っていれば、この上ない感動と喜びになったはずだ。競馬で勝ちたいなら、『穴党ピカイチ』のようなプロの力に頼るべき時代なのかもしれない。

★『穴党ピカイチ』会員登録はコチラ

※本稿はPR記事です。

JRA「18万馬券」驚愕の的中! ダービー馬5年ぶり復活にこれだけの「必然」識者が語った裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?