NEW

JRA 武豊、天皇賞・秋「32年連続」参戦でストップ!? 裏開催でデビューする大物2歳牡馬とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊、天皇賞・秋「32年連続」参戦でストップ!? 裏開催でデビューする大物2歳牡馬とはの画像1

 20日、DMMドリームクラブの公式Twitterアカウント『【公式】DMM BANUSY』が所有馬のホープインザダーク(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)のデビュー戦の予定を発表した。

 父モーリス、母ラヴインザダーク、母の父ダンスインザダークの2歳牡馬は、31日の阪神5R・2歳新馬(芝1600m)のデビューを見込んでいる。そして気になる鞍上は武豊騎手を予定している。

「ホープインザダークが予定している新馬戦は、天皇賞・秋(G1)の裏開催です。武騎手は1989年から毎年天皇賞・秋へ騎乗してきました。今年乗らないことになれば、天皇賞・秋連続騎乗は『32』でストップします」(競馬記者)

 1987年デビューで35年目の武騎手は、89年にスーパークリークで天皇賞・秋初騎乗初勝利を達成以来、毎年同レースへ騎乗を続けてきた。

 今年はワールドプレミア、ポタジェ、ユーキャンスマイル、カデナ、ムイトオブリガードといった武騎手が過去に騎乗したことがある馬が天皇賞・秋へ出走予定。秋の盾6勝を誇る競馬界のレジェンドなら、自身の意向次第で連続騎乗を『33』に延ばせそうだ。

 しかし、レジェンドはホープインザダークに乗る選択を選んだ。ホープインザダークとは一体どれほどの馬なのだろうか……。

「叔父に12年の日本ダービーを優勝したディープブリランテがいる良血馬です。

調教はとてもよく動けています。14日のCWでの追い切りでは、24日にデビュー予定のダービー馬シャフリヤールの半弟アルファヒディに1馬身ほど先着しています」(同)

 アルファヒディはホープインザダークより1週早くデビュー予定であるため、ホープインザダークより仕上がりが良いと考えられている。だが、ホープインザダークは自分より走る態勢が整っている良血馬に先着を果たしている。

『競馬エイト』の取材に対し、陣営は同馬について「スピードが非凡で瞬発力も秘めています。初戦から楽しみ」と、回答。3冠馬オルフェーヴルをはじめ数々のG1馬を世に送り出した一流ステーブルの池江厩舎が、ここまで言うのだから期待がもてる。

「同レースには姉が英国G1馬の外国産馬ボブズヤアンクル、坂路で51秒台の好タイムを計測しているメイショウヒヅクリなどがスタンバイしています。

相手は揃っていますが、武騎手が天皇賞・秋の騎乗よりもホープインザダークのデビュー戦に魅力を感じている可能性もあります。楽しみな一戦になるのではないでしょうか」(同)

 武騎手のファンの中には、天皇賞・秋連続騎乗がストップすることを受けて「悲しい」「残念」といった声が多く上がっている。そんなファンの感情を吹き飛ばすような走りを、ホープインザダークに期待したい。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA 武豊、天皇賞・秋「32年連続」参戦でストップ!? 裏開催でデビューする大物2歳牡馬とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】