NEW

JRA菊花賞「馬券圏内100%」“名門軍団”の刺客がノーザンファームに挑戦状!?  好枠ゲットでいよいよ不気味なあの逃げ馬

【この記事のキーワード】, ,

JRA「馬券圏内100%」個性派軍団の刺客がノーザンファームに挑戦状!?  好枠ゲットでいよいよ不気味なあの逃げ馬の画像1

 24日には、牡馬三冠最終戦の菊花賞(G1)が行われる。通常はフルゲート16頭の阪神芝3000mコースだが、今年は18頭によって争われる。

『netkeiba.com』の予想オッズでは、やはりノーザンファーム生産馬が優勢。1~3番人気を含めた上位人気を占めている。ただし、予想1番人気のステラヴェローチェは7枠14番、同2番人気のオーソクレースは大外18番枠に入るなど、レッドジェネシス(3枠5番)以外のノーザンファーム有力馬はほぼ外目の枠に固まった。

 内回りを1周半するコースでコーナーを6回通過するため、外々を通ればその分距離ロスも大きくなる。枠の並びからも、一筋縄ではいかないレースとなりそうだ。

 打倒ノーザンファームの一角を担うのは、重賞勝ち馬で、4~5番人気に予想されているタイトルホルダーとアサマノイタズラ。どちらも内目の枠をゲットして勝機をうかがう。ただし、両馬とも今回は初の関西遠征で、長距離輸送を克服しなければいけない。菊花賞は過去10年の連対馬20頭の内19頭が関西馬という厳しいデータもある。

 その上、春のクラシック2冠を制したエフフォーリアとシャフリヤールが不在となれば、俄然夏の上がり馬に注目したくなる。

 出走18頭中、自己条件クラスを2連勝中の馬は3頭。4戦3勝のエアサージュ、紅一点のディヴァインラヴ、そしてドゥラメンテ産駒のアリーヴォである。

 注目したいのは半兄に昨年の東海S(G2)覇者エアアルマスを持つ外国産馬のエアアサージュ(牡3歳、栗東・池添学厩舎)だ。

 今年1月の芝2000mで福永祐一騎手を背にデビューしたエアサージュ。好位追走から直線抜け出す強い競馬で、見事1番人気に応えた。続く2戦目は5着に敗れたが、6か月の休養を経て、夏の北海道シリーズで復帰。函館で1勝クラス、続く札幌で2勝クラスをいずれも逃げ切って成長の跡を残した。その後はトライアルを挟まず直行で三冠最終章を迎える。

 兄は芝ダート問わずマイル前後の距離で活躍しているが、弟は一貫して2000m以上を使われてきた。管理する池添学師も「脚の長い胴長の馬で、距離に関して適性はある」、「長丁場の3歳馬同士のこのレースは合っている」と自信をのぞかせる。

 エアサージュのオーナーはラッキーフィールドだ。「エア軍団」としても知られ、かつて女傑エアグルーヴや二冠馬エアシャカールなどを所有していたが、今は以前ほどの勢いはない。そんな「エア軍団」が菊花賞に所有馬を出走させるのは2016年以来5年ぶり。その時は6番人気エアスピネルが3着に入る激走で、戦前の距離不安を払拭した。

JRA菊花賞「馬券圏内100%」“名門軍団”の刺客がノーザンファームに挑戦状!?  好枠ゲットでいよいよ不気味なあの逃げ馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?