NEW

パチスロ爆裂AT機の全盛期に輝いた「Aタイプ希望の星」

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ爆裂AT機の全盛期に輝いた「Aタイプ希望の星」の画像1

 今回遊んできたのは2002年の山佐の4号機『タイムパーク』です。

 この『タイム』シリーズですが、別名『ウィンちゃん』シリーズとも呼ばれていますね。

 主人公ウィンちゃんを探し出せばボーナス確定というのが本シリーズの物語なのですが、当初は赤ん坊だったウィンちゃんがシリーズ登場のたびに成長しているのも見どころの一つかも知れません。

【注目/パチンコ店カード紛失で激怒…「理解に苦しむ行動」が生むトラブル!?】

 本当はシリーズ第1弾として登場した2000年の『タイムクロスA』を打ちたかったのですが、ストップボタン不良ということで今回はこちらを遊技することに。古い機種だけに故障は付き物ですが、こうして貴重なレトロ台を打てるだけでもすごいこと。家スロユーザーさん達には感謝の気持ちでいっぱいです。

 その2000年といえばサミーから初の液晶搭載パチスロ機である『ゲゲゲの鬼太郎』が登場した年。それからパチスロ機は劇的に進化していき2002年といえば、あの『ミリオンゴッド』や『アラジンA』、『獣王』などの爆裂AT機が猛威を奮っていた時代です。

 そんな時代にも当然ノーマルAタイプの需要はある訳でして、そんな中でもやはり一際存在感を示していたのが山佐でした。

 時代はリールから液晶で楽しむ時代へ。そこに『ニューパルサー』等の出目をしっかりと受け継ぎつつ、液晶や4thリールと融合させたAタイプを生み出しては次々とヒットさせていました。逆にいえば、その拘りがAT戦線では遅れを取らざるを得なかった要因でもありました。

 AT機で大きなインパクトを残せなかった山佐にはミリオンゴッドやアラジン、獣王のように4号機時代から絶えず後継機種がリリースされ続けているAT機シリーズがないのもまた事実なのです。

 しかし、その拘りは現在にまで連綿と受け継がれ…そのAタイプの実績といえば、やはり別格のものがあるでしょう。「山佐のAタイプならば入れておいても間違いはない」といった安心感や信頼感があると思います。

 そしてこのタイムパークにも安定の面白さがあります。前作タイムクロスは純Aタイプでしたが、本機はプチストック機で1G連チャンも搭載。とはいえ遊技性能的にはほぼ純Aに近く、大暴れするようなマシンではありませんでした。

 液晶演出も完全告知ステージや小役ナビステージ等5つのステージで構成されており、それを行き来するため非常に飽きにくい仕様。そこに山佐伝統の美麗目が絡み合う…遊技性は中々のものでした。

 とはいえ爆裂AT機にハマリまくっていた当時は少し触った程度。ただ打ってみると、やはり面白く「流石は山佐!」といえる完成度です。

 その後は2005年『祭りの達人~ウィンちゃんの夏祭り~』、2009年『タイムレスキュー』、『タイムレスキュー777』、2017年『タイムクロス2』など定期的に後継機種をリリース。

 タイムレスキューではランドセルを背負った小学生くらいに成長しているウィンちゃんですが次はどう成長するのか。ゲーム性はどう受け継がれどう進化していくのか…。

 そういった意味でも、新作の登場が非常に待ち遠しい機種でもあります。ちなみにそのタイムレスキューも今回一緒に打ってきたのですが、それはまた別の機会ということで。

(文=電撃しらっち)
<著者プロフィール>
業界歴30年。遊技機販売業など様々な業種を経験し、現在はライターとしての活動にも力を入れている。レトロパチンコ・パチスロの実戦記事や、業界関係者への取材記事も担当。羽根モノや一発台を特集するなど、オールドファンにも響く内容も積極的に作成している。

【注目記事】

パチスロ「初当り確率を大幅UP」させる業界初トリガー!?/ S聖闘士星矢 冥王復活

パチスロ「一撃9999枚オーバー」が頻発…最強クラスの“万枚製造機”が一世を風靡!【5号機を支えたトップメーカーの軌跡~オリンピア・平和~②】

パチスロ新台「初期枚数最大1000枚」純増約6枚の“最強最驚最恐”ストレートATがまもなく!

パチスロ「パネルが違えば中身も違う…!?」~4号機名機伝説~ チェリーバー編Part3【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.69】

パチスロ爆裂AT機の全盛期に輝いた「Aタイプ希望の星」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合