NEW

JRA武豊×キーファーズの快進撃が止まらない!? 大器ドウデュース「内容的には完勝」の2連勝で、無敗牝馬ロンと来年のクラシック席巻か

【この記事のキーワード】, , ,

JRA武豊×キーファーズの快進撃が止まらない!? 大器ドウデュース「内容的には完勝」の2連勝で、無敗牝馬ロンと来年のクラシック席巻かの画像1

 23日、東京競馬場で行われたアイビーS(L)は、2番人気のドウデュース(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)が勝利。最後の直線で力強く抜け出すと、デビュー2連勝を飾った。

 8頭立て芝1800mのレースでスタートを決めたドウデュースは、そのまま好位から競馬を選択。4コーナーで楽な手応えのまま先頭集団に並びかけると、最後の直線では残り300mを切ったところで満を持してのスパート。残り200mで鞍上の武豊騎手からムチが入ると、一気に後続を突き放し、最後は2着グランシエロの猛追をクビ差しのいでゴールした。

「着差こそクビ差でしたが、レース後に武豊騎手が『内容的には完勝』と話していた通り、着差以上の強いレースだったと思います。また『馬場に脚を取られたのか最後はふわふわしてしまった』とのことですので、次走はさらに上積みが見込めそうです。

デビュー戦の小倉から東京に替わったので、瞬発力勝負になったときにどうかという課題はあったのですが、ほぼラスト3ハロンだけの上がり勝負になった今日の走りを見る限り問題なさそうですね。

何より好感が持てたのは、関西からの遠征ながら+12kgと増えた馬体重。デビュー戦はやや寂しく見えたので、まだまだ成長すると思いますが、これくらいがこの馬本来の馬体重といった印象です。これで賞金が上積みできましたし、ますます楽しみが広がったと思います」(競馬記者)

 ドウデュースは武豊騎手と懇意にしているキーファーズの所有馬。キーファーズ×武豊騎手といえば、先月の野路菊S(OP)でデビュー2連勝を飾ったロン(牝2歳、栗東・石橋守厩舎)がいる。

「ドウデュースについて、武豊騎手は『距離はマイルから2000メートルくらいかなと思う』と話していましたが、ロンは2000mのレースを連勝しており、距離の融通が利きそうです。ドウデュースが牡馬で、ロンが牝馬ということも2頭の主戦となる武豊騎手にとってはいいバランス。来年のクラシックは武豊騎手×キーファーズが席巻するかもしれませんね」(同)

 これがJRA通算4299勝目となった武豊騎手は、レース前に自身の公式HPで「連勝なら夢が広がります」とドウデュースに期待していたが、過去5年の勝ち馬にG1・4勝の現役最強牝馬クロノジェネシス、17年のオークス(G1)などG1を2勝したソウルスターリング、明日の菊花賞(G1)の有力候補オーソクレースらが名を連ねている出世レースを制したことで、本当に夢が広がる結果となった。

 昨年は自身5度目となる年間JRA・G1未勝利に終わり、今年も3月の中山牝馬S(G3)以降、重賞勝利から遠ざかっている武豊騎手。キーファーズが誇る二枚看板で、ここから大暴れすることに期待したい。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA武豊×キーファーズの快進撃が止まらない!? 大器ドウデュース「内容的には完勝」の2連勝で、無敗牝馬ロンと来年のクラシック席巻かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配