NEW

元JRA田原成貴氏が『東スポ』菊花賞(G1)でアノ馬を本命に指名!秋華賞「◎→○→△」パーフェクト的中から、今度は謎の「赤本」講義!?

【この記事のキーワード】, ,

元JRA田原成貴氏が菊花賞(G1)でアノ馬を本命に指名!秋華賞「◎→○→△」パーフェクト的中から、今度は謎の「赤本」講義!?の画像1

 24日(日)、阪神競馬場では第82回菊花賞(G1)が行われる。全18頭にとって初の3000mで、まさに未知の道のり。今年は急坂を2回走る阪神コースで、よりスタミナが問われることになりそうだ。オッズの動向を見ても、上位人気は拮抗しており、レース直前まで予想に頭を悩ませるファンも少なくないだろう。

 そんな難解な今年の菊花賞を、あの人物が独自の理論で予想している。

 その人物とは、土曜日午後に発行される『東京スポーツ』で、G1レース開催週の1面を担当する元JRA騎手の田原成貴氏だ。

 騎手として一時代を築き、トウカイテイオーとのコンビで制した1993年の有馬記念(G1)は、もはや伝説。その2年後にはマヤノトップガンに騎乗し、菊花賞のタイトルも獲得している。騎手引退後は調教師に転身したが、紆余曲折あり長らく表舞台から姿を消していた。

 沈黙を破って『東京スポーツ』に登場したのは昨年12月。それ以降、G1レースが開催される週にはほぼ毎回1面で予想を担当し、その独特なポエム調の文章がファンの間で話題に上ることも多い。

 23日に発売された同紙の1面も、もちろん田原氏が担当。菊花賞の本命には、ずばりレッドジェネシスを指名している。

 詳細については、ぜひ最寄りのコンビニなどで1部手に取って確認してもらいたいが、「菊花賞『赤本』講義」と題して、なぜ田原成貴“講師”がレッドジェネシスを本命に抜擢したかを綴っている。

 レッドジェネシスは、春に急成長を遂げ、重賞初挑戦の京都新聞杯(G2)を制覇。続く日本ダービー(G1)では11着に終わっていた。

 ひと夏を越え、秋は神戸新聞杯(G2)で始動。5番人気という評価にとどまったが、それを覆す走りを見せ2着に好走した。先着を許した相手はステラヴェローチェ。皐月賞(G1)と日本ダービーで3着に好走した世代屈指の実力馬であり、春の2冠を制した2頭が不在の今回は主役の1頭と目されている。

 田原氏はそんなステラヴェローチェよりも、前走僅差で敗れたレッドジェネシスが上という見解を披露。その最大の理由として「人馬の相性」を挙げている。繰り返しになるが、田原氏の“ポエム”は一読の価値があるので、ぜひ読んでいただきたい。

 田原氏がすごいのはその理論だけではない。予想の方でもしっかりと結果も出している。先週の秋華賞(G1)は「◎→○→△」で的中。レース展開まで読み切るという会心のクリーンヒットだった。

 また、今年の牡馬クラシックは皐月賞がエフフォーリア、ダービーではシャフリヤールを本命にしており、2戦2勝。この流れなら菊花賞で“三冠”が懸かる田原氏に乗らない手はないだろう。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

元JRA田原成貴氏が『東スポ』菊花賞(G1)でアノ馬を本命に指名!秋華賞「◎→○→△」パーフェクト的中から、今度は謎の「赤本」講義!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】