NEW

JRA【スワンS(G2)展望】川田将雅×ダノンファンタジーVS和田竜二×ステルヴィオ! マイルCS前哨戦でG1馬が激突!

JRA【スワンS(G2)展望】川田将雅×ダノンファンタジーVS和田竜二×ステルヴィオ! マイルCS前哨戦でG1馬が激突!の画像1

 30日、阪神競馬場ではマイルCS(G1)の前哨戦、スワンS(G2)が行われる。今年は複数のG1馬が集結するハイレベルな一戦となりそうだ。

 ダノンファンタジー(牝5歳、栗東・中内田充正厩舎)は、3年前の阪神JF(G1)覇者。その後は桜花賞(G1)と秋華賞(G1)で1番人気を裏切るなど、その才能をフルに発揮できないまま5歳秋を迎えてしまった。

 今年に入ってからの3走は5着、12着、7着と衰えは隠せない。しかし5着に敗れた阪急杯(G3)は出遅れての結果。その後の2戦は高松宮記念(G1)とヴィクトリアマイル(G1)で、展開も不向きだった。

 古馬になってからの唯一の重賞勝利は昨年末の阪神C(G2)。今回と同じ阪神芝1400mで、本馬にとっては現状ベストの舞台といえるだろう。

 コンビを組むのはデビューから主戦を務めてきた川田将雅騎手。3戦ぶりの手綱で、ダノンファンタジーに重賞6勝目をもたらすことはできるだろうか。

JRA【スワンS(G2)展望】川田将雅×ダノンファンタジーVS和田竜二×ステルヴィオ! マイルCS前哨戦でG1馬が激突!の画像2

 3年前のマイルCSを制したステルヴィオ(牡6歳、美浦・岩戸孝樹厩舎)は、和田竜二騎手との初コンビで臨む。

 この馬も昨年末の阪神Cから近3走は12着、10着、7着と冴えない。しかし、3走前は出遅れが全て、2走前の根岸S(G3)は初のダートで適性外だった。前走・京成杯AH(G3)は7か月半ぶりの実戦に加え、58kgを背負っての0秒4差なら、見限るのは早計だ。

 実際、京都が舞台だった昨年のこのレースでは道中の不利を跳ね返し、2着に突っ込んでいる。現状は距離も1400mがベストで、陣営としても叩き2戦目のここで結果を出したいところだろう。

 マイルG1勝ちの経験がある古馬2頭に相対するのは3歳馬2頭だ。

 デビューから7戦連続で1600mを使われてきたホウオウアマゾン(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)。馬券圏外に敗れたのはG1の2戦だけで、それ以外の5戦はきっちり連対を果たしている。

 古馬との初対戦、かつ初の距離短縮で見せ場を作ることはできるか。今後を占う意味でも重要な一戦となりそうだ。

 ルークズネスト(牡3歳、栗東・浜田多実雄厩舎)は、3月のファルコンS(G3)でグレナディアガーズを下した実力馬。それ以来、自身2度目となる1400m戦で重賞2勝目を狙う。

 NHKマイルC(G1)10着後は夏を休養に充て、今月3日のポートアイランドS(L)で復帰。勝ったプリンスリターンとクビ差の2着に入り、古馬とも手合わせ済み。内回りと外回りの違いはあるが、2歳未勝利戦を阪神で勝ち上がっているのも心強い。

JRA【スワンS(G2)展望】川田将雅×ダノンファンタジーVS和田竜二×ステルヴィオ! マイルCS前哨戦でG1馬が激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?