NEW

JRA【天皇賞・秋(G1)展望】グランアレグリアVSコントレイルVSエフフォーリア!三つ巴決戦で「極上」の動きを見せたのは?「世代間」争いにも要注目

【この記事のキーワード】, ,

JRA【天皇賞・秋(G1)展望】グランアレグリアVSコントレイルVSエフフォーリア!三つ巴決戦で「極上」の動きを見せたのは?「世代間」争いにも要注目の画像1

 31日、東京競馬場では第164回天皇賞・秋(G1)が行われる。G1馬の出走は5頭にとどまったが、“3強”を中心にハイレベルな一戦となりそうだ。

 メンバー最多のG1・5勝を誇るグランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、自身2度目となる2000m戦で、1200m、1600mに次ぐ3階級制覇を狙う。

 同世代にクロノジェネシス、ラヴズオンリーユーなどがいて、史上最強とも言われている5歳世代の牝馬。グランアレグリアは、マイルまでの短距離路線を歩んできたが、今年4月の大阪杯(G1)で2000mに初挑戦。4つのコーナーに加え、重馬場も堪えてか、まさかの4着に敗れた。

 その後は中5週でヴィクトリアマイル(G1)を完勝。牝馬限定のマイル戦では敵がいないことを証明した。だが、さらに中2週で臨んだ春3戦目の安田記念(G1)ではダノンキングリーに僅差で敗れ、G1・6勝目は秋にお預けとなった。

 中間には一頓挫もあった。8月にノドに違和感が生じ、簡単な手術を受けた。しかし、すぐに乗り運動を再開し、予定通りぶっつけ本番で秋の大一番を迎える。

 グランアレグリア陣営にとって今年の天皇賞・秋は特別なレースとなるだろう。管理する藤沢和師はこれまでこのレースを6勝。天皇賞・秋といえば藤沢和調教師、藤沢和調教師といえば天皇賞・秋といわれるほど得意としているレースだ。来春の定年を前に7つ目のタイトル奪取はなるか。

 師の期待に応えるべく、グランアレグリアは順調に追い切りを重ねている。9月下旬にノーザンファーム天栄から美浦に帰厩。2週前追い切りでは、美浦坂路で自己ベストを大幅に更新する50秒8という好時計をマークした。1週前は美浦南Wで馬なりのまま僚馬に楽々先着。極上の動きを見せ、好調をアピールしている。

 鞍上はもちろんC.ルメール騎手が務める。大阪杯4着後には「良馬場の2000mならもつのかなと思います」と語っていたように、当日の馬場状態が気になるところだろう。パンパンの良馬場なら勝利に最も近い存在だろう。

JRA【天皇賞・秋(G1)展望】グランアレグリアVSコントレイルVSエフフォーリア!三つ巴決戦で「極上」の動きを見せたのは?「世代間」争いにも要注目の画像2

 そのグランアレグリアと人気を分け合うとみられるのがコントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。コロナ禍に揺れる昨年は、競馬界を大いに盛り上げた1頭である。

 ちょうど1年前の菊花賞(G1)で無敗の三冠馬に輝いたが、その後は2戦して未勝利。三冠馬3頭による世紀の一戦となった昨年のジャパンC(G1)でアーモンドアイに初黒星を喫し、大阪杯でも3着。さらに宝塚記念(G1)を回避するなど、王者の貫禄は影を潜めている。

 ただし、ジャパンCは菊花賞の激走から中4週、秋3戦目というローテーション、大阪杯は道悪といずれも敗因はあった。極端に悪い馬場にならなければ、負けたときの言い訳はできない立場での出走となる。

 この後はジャパンCでの引退が決まっており、残り2戦に全力投球。距離適性とフレッシュな状態面を考えれば、今回の方が勝負どころとなりそうだ。

 放牧先の大山ヒルズから栗東に戻ったのは9月下旬。いつも通り坂路とコースを併用し、2週前には栗東CWで6ハロン80秒4-ラスト11秒6をマークした。1週前には同コースで3頭併せ。ダノンファラオとホウオウアマゾンという重賞勝ち馬2頭に悠々7馬身先着し、好状態でレースを迎えることができそうだ。

「先週負荷をかけたので、きょうはサラッと。息遣いも先週と全然違う。予定通りきているし、いい動きだった」と1週前追い切り後に『スポーツ報知』の取材に答えた福永祐一騎手。無敗の三冠馬の名にかけて、このままで引退するわけにはいかない。

JRA【天皇賞・秋(G1)展望】グランアレグリアVSコントレイルVSエフフォーリア!三つ巴決戦で「極上」の動きを見せたのは?「世代間」争いにも要注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?