NEW

JRA【アルテミスS(G3)展望】武豊×大学生オーナーVS「2億円」金子ブランド!? 大本命馬にアクシデントで混戦模様

JRA【アルテミスS(G3)展望】武豊×大学生オーナーVS「2億円」金子ブランド!? 大本命馬にアクシデントで混戦模様の画像1

 30日、東京競馬場では2歳牝馬限定重賞のアルテミスS(G3)が行われる。暮れの阪神JF(G1)、さらには来春の牝馬クラシックへとつながる重要な一戦に、将来有望な良血馬がそろいそうだ。

 中心は、半姉に17年のヴィクトリアマイル覇者アドマイヤリードがいるベルクレスタ(牝2歳、栗東・須貝尚介厩舎)か。

 デビュー戦は後に新潟2歳S(G3)を勝ったセリフォスの2着に敗れたが、2戦目の2歳未勝利戦で勝ち上がり。2着に3馬身半差の完勝を収めた。父がステイゴールドからドゥラメンテに替わって、姉より切れ味が増した印象だ。

 デビューから手綱を取る松山弘平騎手は前走後、「着差以上に強い競馬でした。ここでは力が違いました」とその勝ちっぷりを絶賛。3か月ぶりの実戦で、重賞が舞台となるが、同じ1勝馬が相手なら格の違いを見せる可能性もあるだろう。

 小柄だった姉に対し、妹の方は前走時が470kgと理想的なサイズ。2歳牝馬にとって屈指の出世レースを勝利で飾れば女王の座も見えてくる。姉がG1制覇を遂げたコースで阪神JFに名乗りを上げたい。

 フォラブリューテ(牝2歳、美浦・宮田敬介厩舎)は、父エピファネイア、母ブルーメンブラットという両親がG1馬の良血だ。

 母は、5歳秋に府中牝馬S(当時G3)で重賞初勝利を飾ると、続くマイルCS(G1)で牡馬を蹴散らし戴冠。その後は繁殖入りし、これまで9頭がJRAでデビューし、8頭が勝ち上がっている。ただし、大物はまだ出ておらず、産駒の重賞出走もゼロ。フォラブリューテが無事ゲートインにこぎ着ければ、待望の重賞初挑戦となる。

 圧巻だったのはデビュー戦の内容だ。17頭の多頭数で行われた新潟1600mで、道中は中団を追走。直線まで末脚を温存し、新潟の長い直線でエンジンに火がつくと、あっという間に先頭に立ち、最後は2着に4馬身差をつけた。川田将雅騎手曰く「まだまだトモが緩くて幼い」中での圧勝劇は高い将来性を感じさせる。

 今回は新パートナー、C.ルメール騎手とのコンビ。デビュー2連勝で暮れの大舞台に進めるか。

 武豊騎手が手綱を取るシンシアウィッシュ(牝2歳、栗東・吉村圭司厩舎)もデビュー2連勝を見据える。

 同馬はノースヒルズで生産されたキズナ産駒。そして注目したいのが馬主の前田幸大氏だ。同氏は、ノースヒルズ・前田幸治代表の次男で現在、慶応大学に在学中。JRAの馬主としてはもちろん最年少である。

 幸大氏の引きの強さは父親譲りなのかもしれない。9月には馬主歴わずか2戦目でコンクパールが2歳未勝利戦をレコード勝ち。名義変更後、初戦となる一戦で、大学生オーナーと武騎手は “キズナ”を深められるか。

JRA【アルテミスS(G3)展望】武豊×大学生オーナーVS「2億円」金子ブランド!? 大本命馬にアクシデントで混戦模様のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?