NEW

JRA「大暴走」三浦皇成VS木幡巧也に遺恨勃発!? 前段未聞の「木刀事件」遺恨レースを思い起こす仁義なきハナ争い

【この記事のキーワード】, ,

JRA「大暴走」三浦皇成VS木幡巧也に遺恨勃発!? 前段未聞の「木刀事件」遺恨レースを思い起こす仁義なきハナ争いの画像1

 これは「遺恨」の残るレースになるかもしれない。

 24日、東京競馬場で行われたtvk賞(2勝クラス)は、2番人気のノースブリッジが勝利。最後の直線半ばで先頭に立つと、力強く押し切った。

 ラジオNIKKEI賞(G3)3着の実績を持つ3歳馬が、嬉しい3勝目を飾ったこのレース。レース後半の主役は間違いなく勝ち馬だが、前半の主役はニシノオイカゼ(牡3歳、美浦・武市康男厩舎)とコスモスタック(牡4歳、美浦・堀井雅広厩舎)の2頭だろう。

 キャリア7戦のうち5戦でハナに立ち、ここ2戦もレースの主導権を握っているニシノオイカゼ。一方、4走前から逃げに転じ、前走も大逃げを見せていたコスモスタック。2頭がハナ争いを演じることは、戦前から十分に予想できたことだ。

 しかし、まさかあそこまで壮絶な争いになるとは、誰が予測できただろうか……。

 9頭立て芝2000mのレース。好スタートを決めたニシノオイカゼが敢然とハナを主張する。すんなり隊列が決まるかと思われたが、鞍上の木幡巧也騎手が手綱を激しく動かし、内から抵抗したのがコスモスタックだった。

JRA「大暴走」三浦皇成VS木幡巧也に遺恨勃発!? 前段未聞の「木刀事件」遺恨レースを思い起こす仁義なきハナ争いの画像2

 コスモスタックがやや強引にハナを主張しようとするが、好スタートを決めて譲れないのはニシノオイカゼの三浦皇成騎手も同じか。お互いがまったく譲らないまま加速し続けると、後続は20馬身以上ちぎれた完全な“マッチレース”となった。

 しかし、これがゴールまで続かないことは前半1000m通過57.1秒という“殺人ラップ”が示している。早々に手応えを失ったニシノオイカゼは最後の直線を待たずにズルズルと後退し、生き残ったコスモスタックも直線半ばで力尽きた。

 結果的にコスモスタックは前から5馬身遅れたブービー。ニシノオイカゼはそこから大差がついた最下位に沈んだ。

「うーん、どうしてしまったんでしょうか。ニシノオイカゼも、コスモスタックも陣営から逃げの指示は出ていたと思いますが、それにしてもあれだけ無茶なペースのハナ争いになると『勝ち負けを度外視していたのでは』と疑問を持たざるを得ません。三浦騎手にしても、木幡巧騎手にしてもレース後には思うところがあったでしょうね」(競馬記者)

 東京2000mを舞台に行われた壮絶なハナ争いといえば、やはり2003年の天皇賞・秋(G1)が有名だ。

JRA「大暴走」三浦皇成VS木幡巧也に遺恨勃発!? 前段未聞の「木刀事件」遺恨レースを思い起こす仁義なきハナ争いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配