NEW

JRA 安藤勝己氏「これくらいの器」富士S(G2)2番人気敗退ダノンザキッドを酷評!? プラス22キロも「太くなかった」と考える理由とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA 安藤勝己氏「これくらいの器」富士S(G2)2番人気敗退ダノンザキッドを酷評!? プラス22キロも「太くなかった」と考える理由とはの画像1

 23日、11月のマイルCS(G1)を占う前哨戦の富士S(G2)が東京競馬場で行われた。G1馬3頭を含む17頭で争われたレースを制したのは、池添謙一騎手の1番人気ソングライン(牝3歳、美浦・林徹厩舎)だった。

 ハナ差で敗れた5月のNHKマイルC(G1)と同じ舞台での重賞初勝利に、池添騎手は「ようやくソングラインと重賞タイトルを取れてホッとしています」と、喜んだ。

 一方、ソングラインに次ぐ2番人気に推された同級生の3歳馬ダノンザキッド(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)は4着に敗れた。

 1番人気で15着に惨敗した皐月賞(G1)から巻き返しを誓った日本ダービー(G1)は、骨折により回避。今回は約5ヶ月越しのリベンジの機会となったが、残念ながら直線で伸び切れず。

 敗因として、レースを見ていた競馬ファンの一部から「太め残りで敗れた」という意見が上がった。今回のダノンザキッドの馬体重は前走からプラス22キロ。成長豊かな3歳馬ということで、夏からの成長分も考えられるが、一般的に20キロ以上の馬体増は「太りすぎ」と捉えることもできる。太っていたがゆえに、イマイチ伸び切れなかったのかもしれない……。

 しかし、この見解に異を唱えたのが、元JRAジョッキーの安藤勝己氏だ。安藤氏は自身のTwitterアカウントにて、富士Sの回顧をツイート。そしてダノンザキッドについて「太くなかった」と、指摘している。

「安藤氏は兼ねてからダノンザキッドの馬体や馬体重に注目していました。2走前の弥生賞(G2)では、前走比マイナス4キロながら『ダノンザキッドは馬体が寂しく見えた』という旨のツイートをされています。

また前走の皐月賞では、前走比マイナス10キロだった勝ち馬エフフォーリアは『絞った』と表現したのに対し、前走比マイナス8キロのダノンザキッドは『減ってしまった』と、書かれています。

ダノンザキッドはデビュー2戦目の東京スポーツ杯2歳S(G3)を520キロで勝利しており、516キロでホープフルS(G1)を制覇。その後も馬体が減り続けたため、今回はプラス22キロとなりましたが、今回の526キロは東スポ杯からはプラス6キロ、ホープフルSからプラス10キロと、約1年の成長分を加味すれば決して大きく増えたわけではありません。だから安藤氏は『太くなかった』と、書かれたのでしょう』(競馬記者)

 現に安田隆師はレース前に『日刊スポーツ』の取材で「今から思えば春は体調が芳しくなかった。今はすこぶるいい」と、回答している。春先から状態が戻っているからこそ、馬体も回復したと思われる。

JRA 安藤勝己氏「これくらいの器」富士S(G2)2番人気敗退ダノンザキッドを酷評!? プラス22キロも「太くなかった」と考える理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】