NEW

JRA関東から「怪物」ヒロイン登場か!? とても届かない位置からアーモンドアイ級ゴボウ抜き、プレサージュリフトの鬼脚を見逃すな

【この記事のキーワード】, ,

JRA関東から「怪物」ヒロイン登場か!? とても届かない位置からアーモンドアイ級ゴボウ抜き、プレサージュリフトの鬼脚を見逃すなの画像1

 24日、阪神競馬場では3歳クラシックの掉尾を飾る菊花賞(G1)が開催。そして、菊花賞当日の新馬戦には例年ハイレベルの素質馬が集まりやすいことでも知られる。昨年はこのレースを制したシャフリヤールがダービー馬に輝いた。

 今年も注目された「伝説の新馬戦」は、福永祐一騎手の1番人気リアドが勝利。2着に3馬身差の楽勝で、前評判に違わぬ大物ぶりを見せつけた。G1開催日のレースにトップ騎手が騎乗したこともあり、早くも来年のクラシック候補という声も出ている。

 だが、裏開催となる東京5Rの2歳新馬(芝1600m)でとんでもない勝ち方をしたプレサージュリフト(牝2、美浦・岩戸孝樹厩舎)もまた、絶対に覚えておきたい1頭だろう。

 勝ち時計こそ1分36秒7と目立たないものの、その勝ちっぷりが「怪物級」といえる内容だったことは特筆に値する。

「すごく切れる脚を使えますね。オンとオフの利いた走りができた」

 デビュー戦でコンビを組んだ大野拓弥騎手もレース後のコメントで、末脚の切れにただただ驚くばかり。これが初出走の2歳馬にとって最悪ともいえる展開をひっくり返した上に、まだまだ余裕のある手応えだったのだから当然だ。

 大外8枠16番プレサージュリフトは、出遅れて最後方からのスタート。逃げたローシュタインが1000m通過61秒9の超スローペースでラップを刻んでいく。最後の直線に入り、抜け出したローシュタインが、そのまま後続を離して完全に勝ちパターンへと持ち込む。

 2番手3番手の馬が後退し、残り400mでも後続との差は開く一方。通常なら15番人気の超大穴がスローを味方に大波乱の決着となるところだが、1頭だけ大外から異次元の脚で伸びて来たのがプレサージュリフトだ。

 大外から楽な手応えで伸びると、瞬く間にローシュタインを交わし去り、ゴール前では流す余裕も見せながら3馬身差の圧勝。鞍上から激しく鞭を入れていた2着馬とは、対照的な姿である。

「ちょっと次元の違う走りでしたね。改めてレースを見ても大野騎手はほぼ馬なりで上がっていっているんです。超スローを出遅れた上にノーステッキで楽勝していますから。まるでアーモンドアイみたいでした(笑)

しかも上がり3ハロン33秒3だったわけですから、他馬が止まって見えたのも仕方がありません。これはひょっとしたら怪物級かもしれませんよ」(競馬記者)

 出遅れたこともあり、プレサージュリフトの勝ち時計が平凡だったことについては、それほど割り引く必要もないだろう。評価すべきは本気を出していない中で、これだけのポテンシャルの高さを見せたことだ。

 ハービンジャー産駒で母シュプリームギフトの血統は、今年のアイビスサマーダッシュ(G3)で古馬相手に勝利を挙げた3歳牝馬オールアットワンス(父マクフィ)の半妹。

 さらにデビュー戦で披露した上がり3ハロン33秒3の切れ味は、前日土曜に行われた古馬のマイル重賞・富士S(G2)で後方17番手から上がり最速の鬼脚を見せて2着に入ったサトノウィザードと同じ。血統的に短距離寄りとはいえ、底力の問われる東京のマイル戦を余裕十分に突き抜けたなら、距離の融通も利きそうな雰囲気もある。

 関東で登場したニューヒロイン候補を覚えておいて損はないはずだ。

(文=黒井零)

<著者プロフィール>
 1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

JRA関東から「怪物」ヒロイン登場か!? とても届かない位置からアーモンドアイ級ゴボウ抜き、プレサージュリフトの鬼脚を見逃すなのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】