NEW

Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫る

【この記事のキーワード】, ,
Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫るの画像1
鳴かない女王・黒沢咲、鳴きの王様・小林剛、ついに決着の時?

 全国の麻雀プロ約2000人だけでなく、全国の麻雀人口約500万人が、誰でも一度はそれなりに真剣に考えたことがある「麻雀は鳴いた方が強いのか、それとも鳴かない方が強いのか」という永遠のテーマ。

 その答えが麻雀界の最高峰『Mリーグ』における、2人の選手によって体現されている。

 鳴いて、鳴いて、鳴きまくり、常に旋風を巻き起こしてきたU-NEXT パイレーツの船長・小林剛(麻将連合)。

 一方、とにかく鳴かずに超重量級の大物手で相手をなぎ倒してきたTEAM雷電の強気のヴィーナス・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)。

 Mリーグ創設年から3シーズン。それぞれが自分のスタイルを貫き、小林がレギュラーシーズン合計+432.9pt(全体5位)を積み上げれば、黒沢も合計+460.7 pt(同3位)とまったく負けていない。

 結論から言えば、鳴こうが鳴かまいが「強い者は強い」という1つの答えにたどり着いてしまう。だが、それで納得できるほど麻雀も、麻雀ファンも単純ではない。

 一体なぜ、彼は鳴き、彼女は鳴かないのか――。永遠に交わることのないであろう「平行線」の上を歩む2人が、ついに膝を交える時が来た。

Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫るの画像2
新型コロナ対策として、適切な距離を取って撮影しています


――今回はご協力いただいて、本当にありがとうございます。

U-NEXTパイレーツ小林剛選手(以下、小林):よろしくお願いします。

TEAM雷電・黒沢咲選手(以下、黒沢):よろしくお願いしまーす。

――私の知る限り小林さんと黒沢さんという組み合わせは非常にレア。まず始めにお伺いしたいのですが、やはりお2人の対談は初めてですか?

小林:初めてですね。

黒沢:ですよね、記憶にないです。

――まったく麻雀観が異なるお2人ですから、どんなお話になるのか楽しみです。

小林:対談どころか、黒沢さんと腰を据えて麻雀の話をしたことがないですね。

――同じトッププロとはいえ、所属団体も違えば、Mリーグのチームも違いますし。そして何より麻雀観が……麻雀の話をする機会すらほとんどなかった?

小林:「なんでこれを切ったの?」とかも聞いたことないです。

黒沢:「なんでこれ鳴かないの?」も聞かれたことないです(笑)。

――やはり今回は“異文化コミュニケーション”になりそうですね(笑)。Mリーグでは、お2人ともすでに80試合以上対局されていますが、実は小林さんと黒沢さんの直接対決が20試合もあります。小林さんは黒沢さんが卓にいるとき、何か意識されていることはありますか?

小林:黒沢さんとはMリーグまで、そんなに対局する機会がなかったんですけど「村上淳だ」(赤坂ドリブンズ所属。リーチ超人と呼ばれるメンゼン派)と思って戦ってますね。

黒沢:えー!

Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫るのページです。GJは、麻雀、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 麻雀
  • 総合