NEW

JRA天皇賞・秋(G1)「鞍上問題」二転三転ワールドプレミア陣営の迷走、武豊と事実上「絶縁」は令和のアドマイヤとなるか

【この記事のキーワード】, , ,

JRA天皇賞・秋(G1)「鞍上問題」二転三転ワールドプレミア陣営の迷走、武豊と事実上「絶縁」は令和のアドマイヤとなるかの画像1

 31日、東京競馬場で行われる今年の天皇賞・秋(G1)は、豪華メンバーの激突で非常に楽しみな一戦となりそうだ。

 昨年の無敗三冠馬コントレイル、G1・5勝のグランアレグリア、今年の皐月賞(G1)を圧勝したエフフォーリアが出走。そのほかにも、G1で堅実に好走を見せるカレンブーケドール、7歳でも衰えを見せない古豪ペルシアンナイトなど、骨っぽい顔触れが揃った。

 各馬の陣営が決戦に向け順調さをアピールする中、迷走が続いたのがワールドプレミア(牡5、栗東・友道康夫厩舎)である。今年の天皇賞・春(G1)を制した同馬にとって、ここは天皇賞春秋制覇の懸かる舞台。それだけに、勝負度合いは強そうに感じられるが、友道師のトーンは上がらない。

 戦前の意気込みについて、休み明けとしてはこれまでで一番とは評しつつも、「ジャパンC(G1)、有馬記念(G1)がベストの距離」、「春の疲れが残った」と弱気なコメントも出ている。

 指揮官の見立てとしては、何とか間に合ったというニュアンスが強い。実際、1週前の追い切りでも僚馬のユーキャンスマイル、ブラヴァスらとの3頭併せで4馬身遅れたように、状態面には不安が残った。

 さらに問題視されるのはワールドプレミアの鞍上問題だ。主戦だった武豊騎手の骨折により、日経賞(G2)では石橋脩騎手にスイッチ。本番の天皇賞・春には武豊騎手の復帰が間に合ったため、一時的な乗り替わりと考えられていたものの、福永祐一騎手とのコンビが発表されるという意外な結末が待っていた。

 結果的に福永騎手で勝利となったものの、陣営と武豊騎手との間に不穏なムードを察したファンも少なくなかっただろう。ただ、当時は主戦騎手が負傷明けということもあり、万全の態勢でレースに臨みたかったのではないかという見方もあった。

JRA天皇賞・秋(G1)「鞍上問題」二転三転ワールドプレミア陣営の迷走、武豊と事実上「絶縁」は令和のアドマイヤとなるかの画像2

 しかし、この「疑惑」が確信に変わったのが、秋の天皇賞想定で岩田康誠騎手の名前が挙がったことだ。これにより、春の降板劇が一時的なものではなく、ワールドプレミア陣営と武豊騎手の間に何かしらの溝があるのでは?という噂が、いよいよ現実味を帯びてきた。

 ところが、それから間もなくして再び妙なことが起こる。岩田康騎手の想定から一転して、ワールドプレミアの騎手が「未定」へと変わっていたのである。春の天皇賞で騎乗した福永騎手はコントレイルとのコンビが決定的。これには武豊騎手の再登板かと、一部のファンがざわついたのも当然のこと。

 だが、結局は岩田康騎手で最終追い切りが行われたため、本番でも同騎手の騎乗はほぼ間違いない。これで武豊復活説は完全になくなった。

JRA天皇賞・秋(G1)「鞍上問題」二転三転ワールドプレミア陣営の迷走、武豊と事実上「絶縁」は令和のアドマイヤとなるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?